岩波文庫<br> 出家とその弟子

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

岩波文庫
出家とその弟子

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月29日 12時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 317p
  • 商品コード 9784003106716
  • NDC分類 912.6
  • Cコード C0195

出版社内容情報

親鸞を主人公とした本書は,発表以来,生き方に悩む数多くの若い読者の心を捉えてきた.劇作家・評論家倉田百三(1891-1943)の代表作.ロマン・ロランのフランス語版への序文を付す.改版.(解説=谷川徹三 注・年譜=鈴木範久)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

SOHSA

41
《Kindle》永く読み継がれている隠れたベストセラー。親鸞の言葉がすんなりと胸に染み入る。…世界はすべて調和している。人智で測れるようなこの世界ではない。善悪で裁いてはならない。すべて赦されている。証を求めてはならない。誓ってはならない。呪ってはならない。ただ南無阿弥陀仏の六文字を唱え祈るのみ。…容易ではないだけに深い。2015/01/24

Willie the Wildcat

41
業への赦し。師を頂点とした唯円と善鸞の対比。「社会意思」は頭で理解するも、心の不合理や不整合への解を問い続ける。己の信じる何か、心の拠り所を問い続ける。世代を超えた”軸”探求の旅の一環。最期の局面での善鸞。虚偽の有無のみが、判断や評価の基準であるべきではない。人間性や個性を失うことなく、心の有り方を自分なりに見つけたいものだ・・・。(正論のみではなく)矛盾を楽しむのも人生かな。2014/09/12

gtn

40
本来悪人である人間を、仏は悪いまま救済してくれる。それが、仏の愛だと親鸞に語らせている。これが他力本願の思想だとすれば、キリスト教との親和性が高い。著者の信仰のベースには念仏があると想像するが、その師を大胆に脚色したり、他宗のニュアンスを織り混ぜたりしたのは、宗教的潔癖よりも作家としての創作欲が優ったからか。さておき、私は人間とは善悪兼ね備えた存在と思っているので、著者の思想には与しない。2020/05/20

SOHSA

36
《kindle》思うところあり4年振りに再読。親鸞、唯円、善鸞、みな苦しみ世の不調和の中でもがいていく。唯一の頼みは阿弥陀如来の分け隔てない救いの手のみだ。万人に対する愛と赦し、浄土の安寧を説く親鸞の思想は、キリスト教の隣人愛と不思議と共通する。愛を苦の原因と説き戒めた原始仏教とは大きく異なる浄土真宗の教えは仏陀入滅後長い時を経た後の世にも救われなければならない人々の多くある現実から生まれた必然であったのかもしれない。戯曲形式の本作は読み手にそれぞれの情景を想起させ腑に落ちさせる。信じる者は救われる、か。2019/12/02

藤月はな(灯れ松明の火)

36
誠実に生きたくても生きてゆけない世の冷たさと貧しき者に対し、お題目を唱えるだけで何もしない宗教家や金持ちがいるという不条理に絶望していた日野左衛門の気持ちや虚無を知ってしまったからこそ、放蕩を行う善鸞の罪悪感が良く、わかる。しかし、キェルケゴールの「人は絶望を知るからこそ、幸福を知ることができる」という論と同じ論が親鸞の言葉にはある。浄土真宗の他力本願とは、絶望しても全てを許した上で人が浄土へ至ることを祈ること。個人的には親鸞が「自分も貶めるから汚い言葉は使ってはいけない」という所にハッと来ました。2015/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/506121
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。