岩波ブックレット<br> 検証 迷走する英語入試―スピーキング導入と民間委託

個数:

岩波ブックレット
検証 迷走する英語入試―スピーキング導入と民間委託

  • ウェブストアに147冊在庫がございます。(2018年08月16日 16時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 96p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784002709840
  • NDC分類 376.8
  • Cコード C0336

内容説明

英語を「読む・聞く・話す・書く」4技能を伸ばすためとして、2020年度から実施される「大学入学共通テスト」に「スピーキング」が課され、それが民間試験に全面委託されることは、大きな問題点を孕んでいる。拙速・強引な政策決定のプロセス、成績評価のあり方、高校教育や入試全体に及ぼす影響など、教師、研究者、実践者たちが多角的に検証。教育関係者、保護者、受験生にこの実情はまだ知られておらず、実施を前提に突き進んではならない。

目次

1 英語入試改革の現状と共通テストのゆくえ
2 高校から見た英語入試改革の問題点
3 民間試験の何が問題なのか―CEFR対照表と試験選定の検証より
4 なぜスピーキング入試で、スピーキング力が落ちるのか
5 高大接続改革の迷走

著者等紹介

南風原朝和[ハエバラトモカズ]
1953年生まれ。東京大学理事・副学長等を経て、東京大学高大接続研究開発センター長、大学院教育学研究科教授。日本テスト学会副理事長。専門は心理統計学、テスト理論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

2020年からの入試で民間スピーキングテストが課されることの危険性を、政策・実施の観点から多角的に検証。