岩波ブックレット<br> スノーデンが語る「共謀罪」後の日本―大量監視社会に抗するために

個数:

岩波ブックレット
スノーデンが語る「共謀罪」後の日本―大量監視社会に抗するために

  • ウェブストアに28冊在庫がございます。(2018年04月21日 15時01分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 72p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784002709765
  • NDC分類 326.81
  • Cコード C0336

内容説明

米国による大規模な個人情報収集の実態を告発し、世界を震撼させた元CIA職員エドワード・スノーデン。亡命中のロシア・モスクワで、共同通信記者による単独会見が実現した。スノーデンが読み解く「共謀罪」の本質、米国の監視システムに組み込まれる日本社会の現実とは―。為政者のためではなく、市民のための自由な社会を取り戻すために、いま何をすべきかを問う。

目次

プロローグ
第1章 共謀罪法、大量監視の始まり
第2章 大量監視は人の命を救わない
第3章 世界に広がる監視網の一翼
第4章 死ぬほど怖いが、やるべき価値はある
第5章 モラルに基づく決断は、時に法を破る―日本の人々へのメッセージ
エピローグ

著者等紹介

軍司泰史[グンジヤスシ]
1961年生まれ。共同通信編集委員。1984年、共同通信入社。1993~94年、テヘラン支局勤務。1995~99年、2008~12年、パリ支局勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

米国による大規模な個人情報収集の実態を告発し、世界を震撼させた元CIA職員スノーデン。亡命中のロシアで実現した、共同通信記者による単独会見の記録。共謀罪の本質、大量監視社会へ向かう日本のゆくえを問う。