岩波ブックレット<br> 教育委員会は不要なのか - あるべき改革を考える

個数:

岩波ブックレット
教育委員会は不要なのか - あるべき改革を考える

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年07月30日 15時24分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 58,5/高さ 21cm
  • 商品コード 9784002709086
  • NDC分類 373.2
  • Cコード C0336

出版社内容情報

安倍政権は、教育委員会の役割を大幅に縮小し、首長主導の教育体制へと転換させた。無責任や隠蔽体質などと指摘され、不要論が勢いを増すが、廃止することが得策なのだろうか。教育の民主化という本来の役割が変質した背景を検証。注目を集めた犬山市の教育改革に携わった著者が、教育現場を活性化させるための改革を提言する。