岩波の子どもの本<br> はなのすきなうし

個数:

岩波の子どもの本
はなのすきなうし

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2024年03月05日 21時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 200p
  • 商品コード 9784001151114
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

出版社内容情報

むかしスペインの国に,花のすきなフェルジナンドという子牛がいました.ある日,5人の見知らぬ男がやってきて,フェルジナンドをマドリードの闘牛場へ連れていきました.

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

やすらぎ 🍀安寧祈願🍀

202
花の好きな牛、フェルジナンドは、今日もコルクの木陰に座って花を眺めています。涼しげな植物の上に横になって静かに過ぎ去る季節を感じています。…闘わなくたって、争わなくたって、生きるために不必要なことを、みんなはやっているね。だって楽しくないじゃない。注目を集めたり、誰かを打ち負かしたり、強いとか弱いとか、みんなはなぜ求めるの。僕にはその意味が見いだせないんだ。寄り添って、くさはらに寝そべって、空を見上げて、雲を追いかけて、花の香りをかいでいればいいじゃない。だから、そっとしておいてほしい。ずっと、ずっとね。2021/07/25

☆よいこ

105
児童書。読み聞かせ約8分。カタカナなし、全ひらがな▽スペインの牧場に「ふぇるじなんど」という牛がいた。お気に入りのコルクの木の下で花のにおいを嗅ぐのが大好きなおとなしい牛だった。母親はほかの牛のように暴れたり走ったりしないふぇるじなんどを心配したけれども、したいようにさせた。ある日、蜂に尻を刺されて飛び上がったふぇるじなんどは牛飼いに認められ、マドリードに連れていかれた。大闘牛に引き出されたふぇるじなんどは・・・▽ふぇるじなんどの母親はいい母親だと思う。ふぇるじなんどに幸あれ2021/06/08

♪みどりpiyopiyo♪

83
表紙のうしさんに にっこりしながら本を開いたら、見返しの絵にびっくり☆ え? えーーー?! ■牧場に暮らす 仔牛の ふぇるじなんど は、お花が好き (ღ′◡‵) 「うしとは いうものの、よく ものの わかった おかあさんでしたので、ふぇるじなんど の すきなように しておいて やりました。」お母さんも素敵 (ღ′◡‵) ■ふぇるじなんど どうなっちゃうの? と ちょっと心配したけれど、あぁ~良かった。泰然としていつも通りの ふぇるじなんど で安心しました。穏やかな暮らし、よかったね♪ (1936年)(→続2017/11/24

けんとまん1007

79
「わたしのなつかしい1冊」の中で、落合恵子さんが選んでいたので、読んでみた。自分の生き方を貫く姿に、深い思いを感じた。これが書かれた時代背景(スペイン内乱)を踏まえると、著者の思いがさらに深くなる。なはがすきな・・・に、象徴されることを忘れてはいけない。相手に思いを寄せることから始まる。かみさん曰く「難しい本、読んでるのね・・・」と。絵本の読み聞かせを長くやっていた、かみさんの言葉だけに、重いものがある。2022/04/30

モリー

74
まずは、表紙の絵をじ~っくりご覧あれ。筋骨隆々にして、勇まし角を持つ牡牛。そんな牡牛に似合わず、花を咥えて夢見がちに空を見上げるその姿に違和感を覚えませんか?闘牛ならば興奮して突進するはずの赤いマントのような表紙には、花、花、花。舞台はスペイン、名はフェルジナンド。そう、彼は闘牛になることを期待されて生を受けた牡牛だったのです。しかし、彼は勇ましく戦うことには全く興味がありません。そんな彼を見かねたお母さんは、尋ねます。「どうして、お前は、他の子供達と一緒に飛んだり跳ねたりして遊ばないの?」と。続く↓2020/05/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/537770
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。