視覚の生命力―イメージの復権

個数:

視覚の生命力―イメージの復権

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年07月06日 06時22分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 298p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000612159
  • NDC分類 704
  • Cコード C0070

内容説明

デジタル・メディアの急速な発達と並行して、写真やイメージといった視覚にかかわるもの一般への関心も高まっている。眼に映るものだけではない。人々は見えないものも見るために工夫を凝らし、さまざまなものにそれらを投影してきたのだ。われわれは、何を、どう見ているのか―カメラ・記憶・夢を手掛かりに腑分けした「視覚の解剖図」。

目次

1 眼をめぐって(金子國義のイメージの室内;視覚の人―六畳の病室の子規;旅行=滞在すること、移動すること)
2 見るための装置(写真・歴史・マイクロヒストリー;視覚装置1 一〇〇年後の視覚装置の再発見―バウハウスの写真;視覚装置2 窓あるいはフレーム)
3 見えない世界(老朽化・廃棄=記憶の喪失;微細な徴候から世界にふれること;無意識の夜のなかに―つげ義春の「夢の散歩」)

著者等紹介

柏木博[カシワギヒロシ]
1946年、神戸生まれ。デザイン史、デザイン批評(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

デジタル・メディアの発達と並行して、視覚一般への関心も高まっている。見る歓び、見えない世界まで視野に収めた評論集。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件