岩波科学ライブラリー<br> 決着!恐竜絶滅論争

電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

岩波科学ライブラリー
決着!恐竜絶滅論争

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 102p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000295864
  • NDC分類 457.87
  • Cコード C0344

出版社内容情報

恐竜はなぜ絶滅したのか。その理由は専門家にはすでに解決済みのことである。にもかかわらず、いまだに新説が出されてはマスコミを賑わす。業を煮やした著者らは、有名雑誌に決着宣言ともいうべき論文を投稿した。四一人の共著論文だ。なぜ決着済みといえるのか。異説のどこが間違いなのか。とことん解説したのが本書である。

内容説明

恐竜はなぜ絶滅したのか。専門家にとってはもはや決着済みといえる絶滅の原因をめぐって、いまだに新説が出されてはマスコミを賑わす。これを憂えた著者らは、有名な科学雑誌に論争の余地なしとする決定的な論文を投稿。世界をアッと言わせた。なぜ決着済みといえるのか。異説のどこが間違いなのか。とことん解説する。

目次

1 論争決着へ―二〇一〇年
2 白亜紀末に運命がわかれた生物たち
3 小惑星衝突で何が起きたのか
4 挑戦を受ける衝突説
5 衝突説と反論を検討する
6 論争のゆくえ
7 新たな研究の始まり

著者等紹介

後藤和久[ゴトウカズヒサ]
1977年生まれ。東北大学大学院工学研究科附属災害制御研究センター助教をへて、現在、千葉工業大学惑星探査研究センター上席研究員(東北大学客員准教授を兼務)。専門は、地質学、とくに地球外天体衝突と生物絶滅、原生代初期のスノーボールアース現象、先史・歴史時代の津波現象の解明、火星の地質研究など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

162
タイトルに「決着!」とあるのは、世間では未だに誤解するむきもあるようだが、実はもう恐竜絶滅論争には決着がついているのですよ、ということ。まず、1980年にアルヴァレズ父子が、地球表面にはほとんど存在しないはずのイリジウム層の存在から、小惑星衝突説を提唱。大量のダスト⇨地球の寒冷化⇨光合成の活動不可⇨食物連鎖により絶滅、と実に壮大かつ見事な推論だった。やがて1991年にはユカタン半島でチチュルプ・クレーターの発見と、いよいよ決定的な証拠が揃うことに。本書は、こうした経緯を実にわかりやすく説明してくれている。2014/10/14

calaf

11
恐竜絶滅の原因は、専門家の間では小惑星衝突説でほぼ固まっている。もちろん、だからと言って正しいと言い切ることは出来ないが、時々それ以外の説が報道され、一般の人は誤解している可能性が高い。この状況に終止符をつける意味で投稿されたレビュー論文の一著者が、内容を解説した本。確かに、専門家の間の認識と、一般の人の間の認識にずれが生じていることは、多くありそうだ...この件以外にも。2012/06/14

那由田 忠

5
 1980年に、ノーベル物理学賞をとったアルヴァレズ父と地質学者の子らの論文が発表される。6550万年前ユカタン半島のチチュルブへ小惑星が衝突したのが引き金となって、大量のダストが巻き上がって光合成が難しくなる。地層的にはK/Pg境界以降で、被子植物の花粉が消えシダ胞子ばかりとなる。食物連鎖の頂点にいた恐竜などが突然の大量に絶滅した。が、ワニやカメは生き残ったので、突然でなく漸進だと反論する論者が頑張り、誤解も生まれた。そこで、著者ら第二世代が論文まとめに参加して決着をつけ、世論も落ち着いたという話だ。2014/10/22

tankaru

3
隕石衝突による恐竜絶滅の説明が主であるが、(科学外のツールを含めた論争という意味で)サイエンス・ウォーズ的な側面もあり、面白かった。ただ、著者は隕石論者なので、公正を期するために、対立論の根拠はもう少し詳しく説明してほしかった。メディアを利用した論争は、地球温暖化や放射能問題でも生じているが、科学者もうまく対応できるようになるのだろうか。2013/08/02

nagata

2
隕石落下の証拠が決めてになったということ2021/07/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4341229

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。