• ポイントキャンペーン

ケアという思想

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 246,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000281218
  • NDC分類 369
  • Cコード C0336

内容説明

ケアは、する側とされる側との間の相互行為として理解される必要がある。よい関係性を築くための条件は何か。ケアを媒介とする人間関係、社会関係のあり方を具体的に考察、人がケアをする、ケアを受けるということの根源的な意味を問う。新しい価値観の創造。ケアの思想と実践を言語化し理論化する総合的なこころみ。

目次

ケアという思想
福祉財政の思想―社会的連帯のための
青い芝のケア思想
情報アクセス・コミュニケーション・ケア―聴覚障害者の立場から
本を読む権利はみんなにある
逆転の発想―問題だらけからの出発
リハビリテーションという思想
介助するとはどういうことか―脱・家族化と有償化の中で
ブリコラージュとしてのケア
有限性という常套句をどう受けるか
自立の神話「サクセスフル・エイジング」を解剖する
生きる権利・死ぬ権利―だけでなく
こんなになってまで生きることの意味
老いるという経験

著者等紹介

大熊由紀子[オオクマユキコ]
1940年生まれ。朝日新聞社論説委員、大阪大学大学院教授を経て、国際医療福祉大学大学院教授。福祉と医療、現場と政策をつなぐ「えにし」ネット・志の縁結び係&小間使いを名乗り、HPや「えにしメール」で幅広いネットワークを実現。実践的な問題提起を続ける

神野直彦[ジンノナオヒコ]
1946年生まれ。東京大学大学院経済学研究科教授。経済学者(専門=財政学)。公正の観点から社会はいかにあるべきかを問い続け、教育、福祉、地方分権論、都市論、税制に至るまで幅広い議論を展開

副田義也[ソエダヨシヤ]
1934年生まれ。社会学者。金城学院大学教授、筑波大学名誉教授。専門=福祉社会学、歴史社会学。福祉はもとより、家族論、老年論、子供論、文化論に至るまで幅広い分野をカバーし、実証に基づくオリジナルな社会学研究を展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

(シリーズの特色)
◎執筆陣に,専門の研究者はもとより,ケアの現場に関わる実務家,事業者,行政関係者,またケアを受ける当事者などを幅広く結集.実践的であり,かつ学問的な批判にも耐え得る説得的な議論を提示.
◎ケアの現場に関わる実務家やケアの利用者・家族など幅広い読者層を想定した,平易で読みやすい記述.
◎介護保険制度施行8年を経た現在の状況を評価し,制度と運用上の課題を考察.
◎高齢者介護の問題を中心としつつ,障害者,医療,育児支援など様々なケアの実践をカバー.日本の福祉のあり方全体を問う意欲的構成.

(編集委員)
上野千鶴子 (うえの ちづこ)
1948年生まれ.東京大学教授.社会学.著書に『生き延びるための思想』『家父長制と資本制』『当事者主権』『おひとりさまの老後』など.

大熊由紀子 (おおくま ゆきこ)
1940年生まれ.朝日新聞社論説委員を経て,現在,国際医療福祉大学教授.医療福祉論.著書に『「寝たきり老人」のいる国いない国』『福祉が変わる医療が変わる』など.

大沢真理 (おおさわ まり)
1953年生まれ.東京大学教授.社会政策研究,とくに比較ジェンダー分析.著書に『現代日本の生活保障システム』『男女共同参画社会をつくる』など.

神野直彦 (じんの なおひこ)
1946年生まれ.東京大学教授.財政学・地方財政論.著書に『システム改革の政治経済学』『教育再生の条件』『人間回復の経済学』『地域再生の経済学』など.

副田義也 (そえだ よしや)
1934年生まれ.筑波大学名誉教授,金城学院大学教授.社会学(福祉社会学).著書に『生活保護制度の社会史』『内務省の社会史』『死の社会学』など.

第一回・第一巻
ケアは、する側とされる側との間の相互行為として理解される必要がある。良い関係性を築くための条件は何か。ケアを媒介とする人間関係、社会関係のあり方を具体的に考察。人がケアをする、ケアを受けるということの根源的な意味を問う。