高畠通敏集〈1〉政治理論と社会運動

個数:

高畠通敏集〈1〉政治理論と社会運動

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月17日 00時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 340p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000281065
  • NDC分類 310.8
  • Cコード C0331

内容説明

六〇年安保の「革新国民運動」から分岐・叢生した民衆の日常的な社会運動は、今日の市民政治につながるものなのか。さらに、近代日本の政治体制を、西欧の「亜種」ではなく、アジア、アフリカ、中南米に生起した強権体制の「先駆」として比較検討できないか。政治理論家として未踏の課題に挑戦した四〇年の軌跡。

目次

運動の政治学
大衆運動の多様化と変質
「市民社会」とはなにか―戦後日本の市民社会論
強権的統合と大衆運動―三〇年代日本を中心に
メキシコと日本における政治発展―両国の政治力学の相互理解に向けて
社会科学の転回―文明の閉塞状況への対応を求めて
アメリカ近代政治学の基礎概念