方言の形成

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000271172
  • NDC分類 818.08
  • Cコード C3380

内容説明

方言の成立のメカニズムを解き明かすことは方言研究の究極の目的であり、柳田国男の方言周圏論以来の伝統をもつ。全国的な記録作業による資料面の充実、それを土台とした方言形成のモデル化の試み、あるいは文化論からのアプローチやアジアへの地理的視野の拡大等により、方言形成論が再び活性化しつつある。古くて新しい方言研究の基本課題に取り組む。

目次

第1章 方言形成における中央語の再生(「再生」という視点;再生論の射程;再生の姿とメカニズム;再生の進行過程;再生論の課題)
第2章 内的変化による方言の誕生(内的変化とは;音韻における内的変化;アクセントにおける内的変化;諸方言アクセントの形成過程試論)
第3章 接触変化から見た方言の形成(変異種の発生;方言状態の形成)
第4章 アジアの中の日本語方言(アジアの言語を「地域差」「方言」から見る研究;アジアの言語・方言と日本語方言の比較―視点と方法;「南北方言境界線」と日本語方言の南北区画;日本語ABA型方言分布とアジアとの関係)
第5章 方言形成研究の方法としてのシミュレーション(方言形成研究の方法としてのシミュレーションに関する先行研究;方言形成に関する古典的議論の再検討;改めて問題を考える)

著者等紹介

小林隆[コバヤシタカシ]
東北大学大学院文学研究科教授

木部暢子[キベノブコ]
鹿児島大学法文学部教授

高橋顕志[タカハシケンジ]
群馬県立女子大学文学部教授

安部清哉[アベセイヤ]
学習院大学文学部教授

熊谷康雄[クマガイヤスオ]
国立国語研究所情報資料部門部門長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kazuyuki Koishikawa

0
ナイ(川)の分布をアジアまで拡げて調べるとか、火の共通語源とか目新しかった。2011/12/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/183679
  • ご注意事項