思考のフロンティア<br> 公共性

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

思考のフロンティア
公共性

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2022年07月07日 19時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 120p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000264297
  • NDC分類 311
  • Cコード C0310

出版社内容情報

公共性とは,閉鎖性と同質性を求めない共同性,排除と同化に抗する連帯である.現在提起されている「公共性」は異質な声に鎖されてはいないだろうか.互いの生を保障しあい,行為や発話を触発しあう民主的な公共性の理念を探る.

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

(haro-n)

78
私が公共性に興味を持ったのは、公共財との関連ではなく、日本の「公」の意識が西洋のそれとは異なることへの気づきがきっかけである。本書を開き、筆者がアーレントの思想に多くの発想の原点を求めていることを知り、興味をより深めた。筆者は、公共性-同一性ではなく公共性-複数性という視点から、他者との関係性をリアルに捉え直そうとしつつ、その限界についても論じているようだ。公共性の定義とその多面的性質を今回は理解。線としての把握が出来ていない上に点の理解も危ういので、早々に再読予定。薄いが非常に濃い内容。参考文献も充実。2017/12/11

ジュン

11
斎藤純一先生は公共性を確保するためにアーレントから始める。ホロコーストを考えつくしたアーレントは、有用か無用か、役に立つかどうかという功利主義的な尺度で測るかぎりこの世界は「余計者」であふれる、だから共通の尺度では測られない唯一の比類のないもの(unique)から始めよう、と。簡潔にしてわかりやすい。非常な名著である。2021/09/16

D.Okada

7
要再読。アーレント、ハーバーマスを議論の中心に、公共性について論じた本。100頁足らずであるが、大変内容は濃いし、難しい。人々の〈間〉の喪失によって絶対的な価値への排他的自己同一化がひき起され、そうして複数の価値の間での言説の空間としての公共的空間が廃棄される....そういうようなネオリベラリズム批判なども含めて、現代社会の取り巻く状況いついても鋭く論じている。2011/03/07

→chika

5
すごく圧縮されてる。120頁しかないのに、読むのにすごく時間がかかった。アレントやカントはすでに自分が読んでいたこともあって、分かり易かったが、そうでなくては到底付いていけなかっただろうなと思う。親密圏については誤解していた部分も多く、良い勉強になった。とはいえ、なにせ情報量が多いので、まだうまく整理できていない。近いうちに再読して、自分の言葉でまとめておきたい。それからまた改めて感想を書きたいと思う。2015/12/06

けいぎ

5
ハーバマス、アレント、カントを中心に公共の可能性を問う本。これは紹介本というより、筆者の研究ノートに近い。ゆえに新書などとは格が違うクオリティ。また、同時に想像されることだが、内容はかなり圧縮されている。2015/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/414376

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。