脱原発から、その先へ―ドイツの市民エネルギー革命

個数:

脱原発から、その先へ―ドイツの市民エネルギー革命

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月09日 22時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 201,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000258821
  • NDC分類 501.6
  • Cコード C0036

出版社内容情報

3.11後にいち早く,脱原発へと舵を切ったドイツ.草の根の力は一気に息を吹き返し,各地で自然エネルギー利用が花盛りだ.原発をやめると電気料金が上がる?脱原発できるのはフランスの原発電力のおかげ?かゆいところを押さえつつ,エネルギー転換への道を苦闘しながらも進み続けるドイツのいまを徹底リポート.

内容説明

3・11後にいち早く、脱原発へと舵を切ったドイツ。草の根の力は一気に息を吹き返し、各地で自然エネルギー利用が花盛りだ。原発をやめると電気料金が上がる?フランスの原発電力との関係は?脱原発路線の「気になるその後」を徹底リポート。

目次

第1章 フクシマがドイツを変えた―エネルギー転換への道(政治を動かしたドイツ市民;「フランスから原発電力を輸入できるから」って本当? ほか)
第2章 環境大国ドイツの底力―エネルギー転換の背景(環境市民団体の力;温室効果ガス排出削減へ―高い目標、曲がりなりにも高い達成率 ほか)
第3章 エネルギー転換をささえる制度と技術、そして問題(再生可能エネルギー法と電力料金;太陽光発電―急成長から抑え込みへ ほか)
第4章 カギは市民参加!―地域分散型供給へ(シェーナウの市民電力―配給網を買い取った人々;100%再生可能へ―自治体レベルでの「エネルギー転換」 ほか)

著者等紹介

今泉みね子[イマイズミミネコ]
国際基督教大学教養学部理学科卒業。生物学(生態学)専攻。フリー環境ジャーナリスト・翻訳家。1990年よりドイツのフライブルク市に住み、ドイツの環境政策や環境保護市民活動についての執筆・講演、ドイツ語・英語の書籍の翻訳に従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

7
新刊棚より。ドイツのエネルギー転換(17頁~)に、安倍首相は学んでほしいものである。トップセールスではなく、一刻も早く、汚染水の封じ込めをすべきなのだ。エネルギー転換にあたって産業振興や雇用創出が可能になるので、失業対策にもなるではないか(20頁)。ドイツの自治体では、残りゴミの量や回収回数が少ないほど料金が安くなる制度があるという(58頁)。環境保全での合理性は見習いたい。自動車メーカーアウディ社もメタンガスを手掛けているとは(136頁)。エネルギー協同組合(188頁)は参考にしたい市民活動。2013/09/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6499173

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。