未来を変えた島の学校―隠岐島前発ふるさと再興への挑戦

個数:

未来を変えた島の学校―隠岐島前発ふるさと再興への挑戦

  • ウェブストアに34冊在庫がございます。(2017年11月19日 09時03分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 182p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000248761
  • NDC分類 376.4
  • Cコード C0037

内容説明

人口減少や少子高齢化が深刻な過疎の地で、何が改革の原動力となったのか。海士町、西ノ島町、知夫村、三つの島の協働が日本の未来を牽引する。教員、行政、地域住民、ヨソモノ等による人づくりの物語。

目次

序章 出航前夜(三つ子島;先憂後楽;地域経営の急所 ほか)
第1章 乗船(負の連鎖;為せば成る;宙に浮く高校 ほか)
第2章 三方よし(斜めからの切り込み;浜板の受難;岩本の苦悩 ほか)
第3章 ヒトツナギ(試されること;ひとあつめ;島の秘宝 ほか)
第4章 時化(転進;リクルート;タグボード ほか)
第5章 宜候(積を求めよ;当事者意識;相乗効果 ほか)
第6章 燈火(転流;国曳き;グローカル ほか)
終章 志を果たしに(真の北極星;輝きの連鎖;志定まれば)

著者紹介

山内道雄[ヤマウチミチオ]
隠岐島前高等学校の魅力化と永遠の発展の会会長・島根県海士町長。1938年生まれ。島生まれ島育ち。NTT通信機器営業支店長などを経て、2002年に町長に当選し、現在四期目

岩本悠[イワモトユウ]
高校魅力化コーディネーター。1979年東京都生まれ。学生時代にアジア・アフリカ20カ国の地域開発の現場を巡り、『流学日記』を出版。その印税等でアフガニスタンに学校を建設。ソニーを経て、2006年より島前の教育に携わる

田中輝美[タナカテルミ]
ローカル・ジャーナリスト。1976年島根県生まれ。大阪大学卒業後、山陰中央新報社入社。記者として島前の取材を重ねる。同社と琉球新報社の合同企画「環りの海」(2013年度新聞協会賞)に携わる。島前高校の現校長・常松徹の教え子(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件