ミニマ・グラシア―歴史と希求

個数:

ミニマ・グラシア―歴史と希求

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年01月20日 03時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 303p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000248532
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

生きることが、他のなにものかに集約されることであってはならない―。全体調和の歴史を打破するための支えはどこにあるのか。権力者の歴史的時空を切り裂いて溢れだそうとする未発の世界の尖端で、時は、身体は、そして記憶はいかなる像を結ぼうとしているのだろうか。ソロー、ヴェイユ、ベンヤミン、ソンタグ、アレーナスら、生と死への誠実さを貫徹するために闘った人々の姿と思想を照らしつつ、「九・一一以後」論を超えて、人間古来の視座―ミニマ・グラシア“最小限の恩寵”―の回復をめざし、新たな歴史的倫理への探究をこころみる評論集。

目次

“良き眺め”を探して
衛星的暴力の彼方―メディアと世界同時性
時の瓦礫の島
皮膚の歴史―シャドウ・アーカイヴとしての映像
廃墟とアメリカ
待機する灰
戦争とイーリアス―ソローからヴェイユへ
眼と眼のはざまに砂漠が―アブ・グレイブを目撃しないこと
蝶と樹々の回帰線
月に近い町で―繭のなかのベンヤミン
ミニマ・グラシア―銅の李舜臣、琥珀の金芝河

著者紹介

今福龍太[イマフクリュウタ]
1955年東京生まれ。文化人類学者・批評家。東京外国語大学教授。2002年より遊動型の野外学舎「奄美自由大学」主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

生きることが、他のなにものかに集約されることであってはならない―。全体調和の歴史を打破するための支えはどこにあるのか。「9・11以後」論を超えて、人間古来の視座の回復をめざし、倫理への探究をこころみた評論集。