“まちなか”から始まる地方創生―クリエイティブ・タウンの理論と実践

個数:

“まちなか”から始まる地方創生―クリエイティブ・タウンの理論と実践

  • ウェブストアに18冊在庫がございます。(2018年07月17日 15時08分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000248266
  • NDC分類 601
  • Cコード C0036

内容説明

高松丸亀町商店街、長浜旧市街、川越一番街、石巻のまちなかの再生や復興の具体例から浮かび上がる、新しいまちの姿とは?中心市街地ににぎわいが戻るための方策を、「ビジネス」「デザイン」「スキーム」の3つの柱から描き出す。戦後の市街地拡張からのスマートな撤退を射程に入れ説得力に富む、まちづくりの提案。

目次

なぜ、クリエイティブ・タウンか
1 クリエイティブ・タウンの理論(クリエイティブ・タウンとはなにか;クリエイティブ・タウンをとりまく状況)
2 クリエイティブ・タウンの実践(3ポイント・アプローチ;ビジネス:ライフスタイルのブランド化;デザイン;スキーム;事例研究:石巻クリエイティブ・タウン)
クリエイティブ・タウンの推進

著者等紹介

福川裕一[フクカワユウイチ]
1950年生まれ。千葉大学名誉教授。クリエイティブタウン推進機構、全国町並み保存連盟理事長。専門は都市計画・都市デザイン、特に歴史的環境の保全、中心市街地再生。川越、佐原、長浜、小諸、高松丸亀町、石巻などのまちなかのまちづくりにかかわる。1998年都市住宅学会賞(論説賞)、2000年日本建築学会賞(ホイアン町並み保存プロジェクト)、日本都市計画学会賞・石川賞(「ぼくたちのまちづくり」岩波書店の絵本シリーズ)

城所哲夫[キドコロテツオ]
1958年生まれ。東京大学大学院都市工学専攻准教授。クリエイティブタウン推進機構理事。専門は都市・地域計画、アジア都市計画。地方都市の活性化に関する研究と提案活動を行っているほか、世界銀行、アジア開発銀行、国際協力機構(JICA)等で、アジアの都市開発に関するアドバイスも実施している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

高松市丸亀町商店街、滋賀県長浜市、川越一番町、石巻市再開発などの具体例から浮かび上がる、新しいまちの姿とは? 中心市街地に賑わいが戻るための都市計画の方策を、「ビジネス」「デザイン」「スキーム」の三つの柱から描き出す。