忘却された支配―日本のなかの植民地朝鮮

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 209p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000247917
  • NDC分類 369.37
  • Cコード C0021

内容説明

戦争体験と比べて、意識されることの少ない「植民地支配」の記憶。だがふとした日常に、その消えない記憶、忘れられない遺物が見え隠れする。宇部、北海道、筑豊、紀州、知覧、そして四国…炭鉱や特攻で死んだ植民地出身の犠牲者を想起し、追悼しようとする人びとの営みをたどる。植民地支配の体験とはなにか、それは日本にどのような感情や記憶を刻み、当時と今になにをもたらしているのか。毎日新聞の連載「支配した国 強制の記憶」をもとに単行本化。

目次

第1章 強制を思い出す―宇部
第2章 骨と碑の戦後史1―北海道
第3章 骨と碑の戦後史2―筑豊
第4章 追悼と謝罪の間―紀州
第5章 朝鮮人の特攻―知覧・万世
第6章 朝鮮ジェノサイド―四国
第7章 総督府官僚たち

著者等紹介

伊藤智永[イトウトモナガ]
毎日新聞編集委員。1986年入社、政治部、経済部、ジュネーブ特派員を経て、現在、コラム「時の在りか」を執筆中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

宇部、北海道、紀州、知覧…。炭鉱や特攻で死んだ朝鮮人犠牲者を追悼しようとする各地の試みをたどる。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件