保育者と教師のための動物介在教育入門

個数:

保育者と教師のための動物介在教育入門

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月19日 09時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 208p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000247856
  • NDC分類 376.154
  • Cコード C0037

内容説明

日本の幼稚園や保育園、小学校の多くでは古くから飼育小屋や教室の中で小動物を飼育してきた。しかし動物との関わりを通した子どもの教育が正しくなされてきたとは言い難い。本書は、保育者や教師の動物に対する意識を変えることを目的の一つとし、動物介在教育の役割とはなにかを豊富な事例でわかりやすく解説する。

目次

第1章 動物介在教育とは何か―「命」を教える(いま子どもたちに起こっていること―「また買ってくればいいじゃん」;動物を通した教育の歩み;動物介在教育とは何か;動物が教えてくれること―動物の不思議な力)
第2章 動物介在教育を導入するために―三つのまなざし動物、子ども、先生(動物介在教育を導入するために;動物飼育を見直す;飼育動物の死;困ったときの対処法)
第3章 動物介在教育の課題と可能性―何が問題で、何ができるのか(残された課題とは;広がりを見せる動物介在教育とその効果;家畜を通した教育プログラム―食育と食農教育)

著者紹介

谷田創[タニダハジメ]
広島大学大学院生物圏科学研究科教授。人間動物関係学、動物介在教育学、動物行動学、動物福祉学。1987年米国オレゴン州立大学大学院農学研究科で博士号(Ph.D.)取得、麻布大学獣医学部助手、広島大学生物生産学部助教授を経て現職

木場有紀[コバユキ]
帝京科学大学こども学部児童教育学科講師。人間動物関係学(動物介在教育、動物の福祉)。広島大学大学院生物圏科学研究科にて博士(学術)の学位を取得。日本学術振興会特別研究員(DC2、PD)、広島大学COE研究員、広島大学大学院生物圏科学研究科研究員を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)