ホーチミン・ルート従軍記―ある医師のベトナム戦争 1965‐1973

個数:
  • ポイントキャンペーン

ホーチミン・ルート従軍記―ある医師のベトナム戦争 1965‐1973

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月16日 20時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 386p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000247689
  • NDC分類 929.376
  • Cコード C0022

内容説明

北ベトナム側にとってベトナム戦争の真実とは何か。ジャングルの戦争の日常、最前線の病院を描き出す傑出したドキュメント。人間を描く白眉の戦記。

目次

第1章 準備
第2章 出発
第3章 国境の十字路
第4章 中部高原の病院
第5章 一九六八年申年のテト
第6章 苦難の時
第7章 全戦場陸軍医療協議会
第8章 野戦病院Z25
第9章 中央翼への帰還
第10章 帰郷

著者紹介

レ・カオ・ダイ[レカオダイ][L^e Cao D`ai]
1928‐2002年。ハノイに生まれハノイ医学大学卒業後、103、108陸軍病院の外科医を務める。抗仏戦争時代から各地を転戦し、1966年から8年間中部高原の最前線の野戦病院で傷病兵の治療に従事する。戦後ハノイ医学大学の教授として枯葉剤被害者救援の活動に従事。「ベトナムにおける化学戦争の被害調査国内委員会」の代表を務めた

古川久雄[フルカワヒサオ]
1940年生まれ。京都大学大学院農学研究科博士課程中退。京都大学東南アジア研究センター、アジアアフリカ地域研究研究科教授などを経て、京都大学名誉教授、NPO平和環境もやいネット代表。専攻=土壌学・東南アジア地域研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)