プシュケー―他なるものの発明〈1〉

個数:

プシュケー―他なるものの発明〈1〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月22日 13時46分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 729p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000246897
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C0010

内容説明

一九七〇年代後半から八〇年代の主要論考を集成し、デリダ哲学の政治的‐倫理的「旋回」を告げる論文集。第1巻には「他なるものの到来」を理論化した表題作「プシュケー」ほか、ベンヤミンの読解を通して権力言語の彼方を素描した「バベルの塔」、レヴィナスの倫理思想を論じた「この作品の、この瞬間に、我ここに」、アパルトヘイト批判を展開した「人種主義の最後の言葉」、核の脅威をめぐる「黙示録でなく、今でなく」など全十六篇を収める。

目次

プシュケー―他なるものの発明
隠喩の退隠
音楽の力の大いなる残余
イラストを描くこと、と彼は言った…
送付
私―精神分析
この作品の、この瞬間に、我ここに
バベルの塔
テレパシー
突然、険しく
フロベールのある一つの観念―「プラトンの手紙」
地精神分析―「そして世界の残り物」
私のチャンス―いくつかのエピクロス的立体音響とのランデヴー
人種主義の最後の言葉
黙示録でなく、今でなく―全速力で、七つのミサイル、七つの書簡

著者紹介

デリダ,ジャック[デリダ,ジャック] [Derrida,Jacques]
1930年、アルジェリア生まれ。1984年、社会科学高等研究院(フランス、パリ)教授に就任。2004年没

藤本一勇[フジモトカズイサ]
1966年生まれ。早稲田大学文学学術院文化構想学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件