福祉社会学の挑戦―貧困・介護・癒しから考える

個数:

福祉社会学の挑戦―貧困・介護・癒しから考える

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年02月25日 23時18分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 315p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246798
  • NDC分類 369.04
  • Cコード C0036

内容説明

生活保護には援助を求める人びとを拒絶するしくみが内在し、老人・障害者介護にはつねに管理の側面が伴う。そして、福祉サーヴィスを受けることがもたらす負の烙印…。多様な現場の実例から、福祉にまつわる光と影を見据え、人間のための福祉をめざす。日本の福祉の本質を照射し、福祉社会学の可能性をさぐる、知的冒険の書。

目次

1 貧困問題と福祉の機能(生活保護における逆福祉システムの形成;貧者の権利とスティグマ)
2 ケアすることとは(ケアすることとは―介護労働論の基本的枠組;青い芝のケア思想;老人ホーム像の多様性と統一性)
3 死別体験と癒しの過程(自死遺児について・再考;震災体験の癒しの過程における「重要な他者」と「一般的他者」)
4 二〇世紀からの展望(日本文化の可能性;社会主義の不在と社会福祉の行方;二〇世紀素描―一九九八年三月・筑波大学・最終講義)

著者等紹介

副田義也[ソエダヨシヤ]
1934年生まれ。社会学者。筑波大学名誉教授、あしなが育英会副会長。専攻は福祉社会学、歴史社会学、筑波大学定年退官後は、金城学院大学教授、福祉社会学会初代会長などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

生活保護には援助を求める人びとを拒絶するしくみが内在し,老人・障害者介護にはつねに管理の側面が伴う.さらに,福祉サーヴィスを受けることがもたらす負の烙印…….多様な現場に飛び込み,福祉にまつわる光と影を見据えてきた著者が,新自由主義の嵐によって福祉国家の理念がゆらぐなかで,人間のための福祉をめざして送り出す渾身の書.