フツーの子の思春期―心理療法の現場から

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 210p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000246491
  • NDC分類 371.45
  • Cコード C0037

内容説明

「証拠を見せて下さい」、選択肢が多いとしんどい、葛藤のない相談室登校、冬ソナ、スクールカースト、ジャニヲタ、「友だち解散式」…今どきの、ちょっと理解に苦しむ新しいスタンダード「フツーの子」の思春期の迷宮のありように迫る力作。

目次

1 「ふつうの子」と「フツーの子」(「ふつうの子」がふつうじゃない!?;子どもをとりまく環境)
2 女の子たちの思春期(こころの影;ネットのなかの影;影のない友人関係)
3 思春期とイメージ(大人にとっての思春期の意味;思春期とジャニーズ)
4 思春期と超越体験(思春期と異界;フツーの子と異界)
5 思春期と心理療法

著者等紹介

岩宮恵子[イワミヤケイコ]
1960年生まれ。臨床心理士。島根大学教育学部教授。教員や心理職をめざす学生たちに対して講座で教鞭をとる傍ら、スクールカウンセラーとして、思春期の子どもたちと対話を重ねている。小説だけでなく、漫画やアニメにも詳しい(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。