評伝 福田赳夫―戦後日本の繁栄と安定を求めて

個数:

評伝 福田赳夫―戦後日本の繁栄と安定を求めて

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月14日 08時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 708p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000245449
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0031

出版社内容情報

「平和大国」をめざした外交活動を展開、抜群の政策能力で深刻な危機から日本経済を救い、戦後社会の安定に大きく貢献した福田赳夫元総理。その理念・行動はどのようなものだったのか。メモや日記などの未公開資料を活用、当時の関係者への丹念な聞き取りも行い、通俗的な誤解や偏見を排してその実像に迫った初の本格評伝。

内容説明

「平和大国」をめざした外交活動を展開、抜群の政策能力で経済危機を抑え込み、戦後社会を繁栄と安定へと導いた福田赳夫元総理。その理念・行動はどのようなものだったのか。未公開の「福田メモ」や日記、近年になって機密解除された外交文書などの豊富な史料を活用、当時の関係者への丹念な聞き取りも行い、通俗的な誤解や偏見を排して実像に迫った初の本格評伝。

目次

第1部(上州の神童;軍部と大蔵省;敗戦から戦後へ)
第2部(安定と発展の基盤づくり;福田農政と安保闘争;所得倍増;党風刷新;六五年不況の克服;いざなぎ景気と昭和元禄)
第3部(世界の中の日本;列島改造に抗して;三木政権の経済総理として;三木おろし)
第4部(福田政権の内政展開;マクロ経済政策協調と日米関係;全方位平和外交;大福対決;世界の福田)

著者等紹介

五百旗頭真[イオキベマコト]
1943年生まれ。兵庫県出身。京都大学法学部卒業、同法学研究科修士課程修了。広島大学助教授、神戸大学教授、防衛大学校長、熊本県立大学理事長を経て、兵庫県立大学理事長、ひょうご震災記念21世紀研究機構理事長。法学博士(京都大学)。文化功労者

井上正也[イノウエマサヤ]
1979年生まれ。大阪府出身。神戸大学法学部法律学科卒業、同大学院博士課程修了、博士(政治学)。香川大学准教授を経て、成蹊大学法学部教授

上西朗夫[カミニシアキオ]
1939年生まれ、東京都出身。東京大学文学部社会学科卒業、毎日新聞社に入社。長年、政治部記者を務め、政治部長、常務取締役西部本社代表などを歴任。2000年、下野新聞社社長。同社会長、相談役を経て2013年退社

長瀬要石[ナガセヨウセキ]
1938年生まれ。長野県出身。東京教育大学(現筑波大学)農村経済学科卒業。農林省入省後、経済企画庁(現内閣府)へ。長官秘書官、国土庁計画・調整局長、企画庁物価局長、総合計画局長、調整局長などを経て、機械振興協会経済研究所長、富士通総研副理事長、国際協力銀行副総裁、コーエイ総研会長などを歴任。現在、開発政策研究機構理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

BLACK無糖好き

17
経済・財政政策の高い運営能力を持つ国際協調主義者としての福田赳夫の実像を描く。戦後日本の繁栄を築くうえで福田の果たした役割の大きさが覗い知れると同時に、政治家でありながらも道徳や倫理、理念を保ち続けたその人物像の一端も垣間見える。◇注目したのは日中戦争時に当時大蔵官僚だった福田が汪兆銘の南京国民政府の財政顧問に就任しており、中国全体の税収入の八割五分を得て重慶よりも優位な財政基盤のもとで国家全体を視野に入れた経済・財政運営を経験している。このあたりは福田自身戦後多くを語らなかったようだ。2022/08/07

わび

5
角福戦争の「敵役」としての扱いからか、意外なほど文献に恵まれなかった福田赳夫の初の本格的評伝。この手の評伝は外交史方面からのものが多い中(著者の一人は外交史家)、財政史の記述が非常に手厚いことが第一の特長か。福田は佐藤政権以後の15年間断続的に蔵相・副総理として財政を担当しており、その存在の大きさには本書を読んで改めて驚かされた。同時に、その安定成長路線が高度成長・列島改造論と対立を招いた背景もよく腑に落ちた。国際的には全方位平和外交と共に先進国間の経済的協調を重んじたという点が印象的。(続)2022/02/28

OHNO Hiroshi

5
敗軍の将、兵を語らず、と選挙敗戦後に語ったのは、福田赳夫であったか。 評伝などの伝記は、その人のみならず、他の事柄まで知ることができる。長い目で見て、今日の中華人民共和国を鑑みるに、日中国交正常化は如何であろうか。 山高ければ谷深し。椎名裁定。 三度の蔵相。福田の経済論考の高さ、先見性正確さ。 国民栄誉賞設定。OBサミット。福田ドクトリン。全方位平和外交。ダッカ日航機ハイジャック事件。 人命は地球より重かった。 2022/01/02

ふみりな

3
内容もボリュームそのものも大著だ。自分の世代は三角大福の抗争以降は概ね承知しているが、福田氏の戦前の大蔵省入省から戦後の政治家として岸、池田、佐藤各政権での関わり方など良く掘り下げたと感じ入る。福田氏の時代と共に担った役割の大きさと共に、単なる秀才でなく、その懐の深さとあるべき姿に向かう強い精神力、そして造語に表される得意即妙さとユーモアにはリーダー像として大変に魅せられる。2021/11/25

OKAY

1
名前だけは知っていた政治家福田赳夫さん。福田さんがどんな人だったか、どんな政治をやろうとしていたかなど、興味深く読めた。2022/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18053295

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。