日高敏隆の口説き文句

個数:
  • ポイントキャンペーン

日高敏隆の口説き文句

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年11月27日 15時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 194p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000245043
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

動物行動学研究、学会創設、翻訳、エッセイ、所長や学長の職務・・・・・。それらの活躍を可能にしたのは、常に適切な人物を選び、共に活動して新しい地平を拓く「口説き」だった。稀有な知的営みを、多彩な書き手が伝える一冊。

内容説明

軽やかに生きた軌跡を29人の証言で辿る。

目次

フランスにおける日高行動学(岸田秀)
マウンティング(内田春菊)
どうせ動物行動学で全部説明されている(山下洋輔)
氏の語学力はつとに有名である(羽田節子)
「拝啓リュリ様」(安野光雅)
日高敏隆の櫛と鏡(赤瀬川原平)
映画『もんしろちょう』の日高敏隆(羽田澄子)
師に学ぶ(保賀昭雄)
人間という生き物を知る(桃木暁子)
昆虫写真家の誕生(栗林慧)〔ほか〕

著者等紹介

小長谷有紀[コナガヤユキ]
文化人類学者。専門はモンゴル・中央アジアの遊牧文化。国立民族学博物館教授

山極寿一[ヤマギワジュイチ]
人類学者、霊長類学者。京都大学大学院理学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

119
生物学者の日高先生が亡くなった時の追悼文集です。ものすごく広い分野の人々とお付き合いがあったようで、ええこんな人とも親交があったのだということで楽しく読ませてもらいました。普通学者の追悼文集というとその人の業績や弟子たちだけで堅苦しくなってしまうのですがこれはまるっきり違います。私も追悼文とは知らずにあの日高先生がどのようなことを書いているのだろうと思って読みましたが。まあ違う期待外れで楽しめました。2016/02/01

なめこ

6
氏と関わりのあった人々による追悼文集。岸田秀、赤瀬川源平、栗林慧、今江祥智、山下洋輔、、。生物をあまねくフラットに、見て、考えていた人なんだなあと思うと共に、そのフラットな調子でヒトのメスにも活発なフィールドワークを展開していたというから、さらに興味をそそられました。ご著書だけでなく訳書も読んでみたくなった。読み物としては玉石混淆でちょっと残念だけれど、それだけ幅広い交遊関係だという記録なのかしら。2015/10/14

ともも

5
日高先生は23ヶ国語を操り、奥様は元女優。やっぱり凡人とは違う。先生は「論文ばっかり書いていてはダメだ」と。夫のボスに聞かせたい!講演会で鳥の真似をされていたお姿を思い出す。もう少しで先生がこの世を去られて一年になるのか。2010/10/20

どん

4
追悼文集とは知らなかったが、日高先生の交流の広さ、懐の深さを感じることができる。子供のころに著書の一部や映像に触れていたのだろうと思う。研究者、指導者としての一つのお手本だと思う。先生自身の著書を読もう。2020/08/11

Hiroki Nishizumi

4
表題につられて読んだが、そもそも日高敏隆の本を読んだことが無いので順番を間違ったな。2020/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/625858

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。