ハンセン病と戦後民主主義―なぜ隔離は強化されたのか

個数:

ハンセン病と戦後民主主義―なぜ隔離は強化されたのか

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 217p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000244350
  • NDC分類 498.6
  • Cコード C0021

内容説明

戦時ファシズム体制の下で確立した日本のハンセン病患者絶対隔離政策。なぜ、特効薬が普及し、新憲法において基本的人権がうたわれた戦後においても、絶対隔離下の断種や堕胎の強制が継続したのか。一九五三年の「らい予防法」成立過程に焦点をあわせながら、「戦後民主主義」の論理そのもののなかに差別の契機が含まれていたことを明らかにする。

目次

序章 ハンセン病絶対隔離政策史への視点
第1章 絶対隔離と強制断種・再考―「特殊部落調附癩村調」の意味するもの
第2章 継続する隔離―戦前・戦後をつなぐ思想
第3章 民主主義下の隔離政策の完成―「らい予防法」の成立
第4章 アメリカ統治下の沖縄・奄美のハンセン病政策
終章 差別の連鎖を断ち切るために

著者等紹介

藤野豊[フジノユタカ]
1952年横浜市生まれ。ハンセン病市民学会事務局長。専攻日本近現代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Schuhschnabel

3
副題の通り、癩予防法「改正」に焦点を当てて書かれている。たしかに、光田健輔をはじめとする療養所長の過激な思想や厚生省の前例踏襲的な態度、全癩患協と共産党との結びつきへの警戒等、様々な要因が挙げられている。そして、これらは国民全体が「救癩思想」を通してこの問題を捉えていることに起因すると主張する。しかし、療養所長や厚生省の中でも「強制隔離」政策について一枚岩ではなく、隔離を基本としつつも、患者や家族の福祉に重点を置いた法律になる可能性もあったわけで、その分かれ道がどこだったのかも検証する必要があると感じた。2021/04/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/324393

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。