現地ルポ パレスチナの声、イスラエルの声―憎しみの“壁”は崩せるのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 264p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000244237
  • NDC分類 319.28
  • Cコード C0036

内容説明

繰り返される自治区への軍事侵攻や家屋破壊、止むことのない自爆テロ―パレスチナ問題はますます混迷の度合いを深めている。二〇年にわたり現地取材を続けてきた著者が、家を破壊された難民や自爆テロの被害者、そして政治家まで、パレスチナ/イスラエル双方の様々な当事者たちにインタビューし、その声の中に真の和平の可能性を探る。

目次

1 自爆テロ
2 オスロ合意とパレスチナ自治政府
3 第二次インティファーダの勃発
4 ガザの入植地
5 ラファの家屋破壊
6 分離壁
7 和平の可能性

著者紹介

土井敏邦[ドイトシクニ]
1953年佐賀県生まれ。中東専門雑誌の編集者を経てフリー・ジャーナリスト。1985年以来、パレスチナを取材。1993年よりビデオ・ジャーナリストとしての活動も開始し、テレビ各局でパレスチナやアジアに関するドキュメンタリーを放映。「日本ビジュアル・ジャーナリスト協会」(JVJA)会員

出版社内容情報

繰り返される自治区への軍事侵攻,止むことのない自爆テロ―なぜ和平は達成されないのか.家を破壊された難民や自爆テロの被害者,そして政治家までのパレスチナ/イスラエル双方の様々な声に耳を傾け,真の和平の可能性を探る.