「誰でも社会」へ―デジタル時代のユニバーサルデザイン

個数:

「誰でも社会」へ―デジタル時代のユニバーサルデザイン

  • お取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■3~5日以内

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆まれに、品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら

  • サイズ B6判/ページ数 261p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000237529
  • NDC分類 369
  • Cコード C0036

内容説明

高齢化が急速に進行する日本社会では、身体機能の低下が誰にも確実にやってくる。これからのもの・ひと・社会づくりはITを活用しながら「誰でも」使え、「誰でも」参加できるユニバーサルデザインがキーとなる。その最前線での体験を基に「これからの社会」のもの・ひと・社会づくりを提案する。

目次

第1章 こころのネットワーク(コンピュータ嫌いのシステムエンジニア;アメリカで出会った人々 ほか)
第2章 これで大丈夫?日本という国(SOHO企業のユーウツ;バーチャル企業のリアルな制約 ほか)
第3章 ユニバーサルデザインという考え方(「ミスター・アベレージ」って誰のこと?;ユニバーサルデザインの七原則 ほか)
第4章 ユニバーサルデザインを創り出す(車椅子マークのない日本へ;ユーザーに教わる姿勢を基本として ほか)
第5章 「誰でも社会」へ(闇の中で見えてくるものダイアログインザダーク;人間を幸福にしないITという社会 ほか)

著者等紹介

関根千佳[セキネチカ]
長崎県佐世保市生まれ。1981年、日本IBM入社。1993年より日本IBMSNSセンターを開設し高齢者・障害者のIT利用を支援。98年、株式会社ユーディット(情報のユニバーサルデザイン研究所)設立。以来多くの省庁や自治体のユニバーサルデザインに関する委員会に参画。企業や行政、団体等のアクセシブルなWeb構築や、デザインの初期段階から多様なユーザーが参加するものづくりへのコンサルティングを行っている。UDNJ(Universal Design Network Japan)理事長。美作女子大講師、金沢大学非常勤講師
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

高齢化が急速に進行する日本社会では,身体機能の低下が誰にも確実にやってくる.これからのモノ・ヒト・社会づくりはITを活用しながら「誰でも」使え,「誰でも」参加できるユニバーサルデザインがキーとなる.