祝祭性と狂気―故郷なき郷愁のゆくえ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 250p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000234429
  • NDC分類 493.71
  • Cコード C0011

内容説明

沖縄・宮古島から送る精神病理学再生の希望。精神病理学の荒廃を前に臨床と思索を続けきた精神科医は、沖縄・宮古島で衝撃とともに出会った“瞬間の狂気”に〈祝祭性の伝統〉という時間性を見出す。―そこにあったのは、精神病理学再生の可能性だった。

目次

私的経験から―序にかえて
これはシャマニズム論ではない
比較文化精神医学の方法はとらない
眠俗学管見
南の島の祝祭性
カミダーリあるいはカンダーリ
カンカカリャとカンダーリの時間論的差異
“祝祭性の伝統”とは何か
“神霊性”としての“動物性”
カンダーリとエロティシズム〔ほか〕

著者等紹介

渡辺哲夫[ワタナベテツオ]
1949年茨城県生まれ。1973年東北大学医学部卒業(医学博士)。都立松沢病院、東京医科歯科大学、正慶会栗田病院、いずみ病院(沖縄県うるま市)を経て、現在、稲城台病院勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

satoshi

3
何百冊か読んで一回あるかないかの衝撃。一番没頭していたとき、不意に近所で落雷があったけど、心の中ではすでに雷が落ちまくってた。10年ほど前、少し間をおいて二度、不意に不思議な現象に襲われた。以来あれは何だったのかずっと考えてたんだけど、この本の「瞬間の狂気」「カンダーリ(神垂り、神祟り)」にとても似てる。柳田國男が14歳のころやはりそういう体験をしているらしい。彼の回想の「あの時に鵯が鳴かなかったら、私はあのまま気が変になっていたんじゃないかと思うのである」という言葉が僕にはものすごくよく分かる。2011/07/11

小高まあな

0
3年ぶりに再読。仕事がらみでであった本だけど、もうそんなに立ちますか……2018/05/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/184227

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。