国家を歌うのは誰か?―グローバル・ステイトにおける言語・政治・帰属

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 107p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000228855
  • NDC分類 311.04
  • Cコード C0010

内容説明

「国民国家の崩壊が始まったのは、国民の自決権(民族自決権)が全ヨーロッパで承認され、国民の意思があらゆる法的・抽象的制度―つまり国家―にまさることが普遍的に受け入れられたときです。いわば国民は、国家よりもまさっていたのです」(G・スピヴァク)。今日もっとも刺激的な二人の思想家が、新しい政治共同体の可能性を語りあう。

著者等紹介

バトラー,ジュディス[バトラー,ジュディス][Butler,Judith]
1956年生まれ。カリフォルニア大学バークレー校、修辞学・比較文学教授

スピヴァク,ガヤトリ[スピヴァク,ガヤトリ][Spivak,Gayatri Chakravorty]
1942年、インド西ベンガルのコルカタ(カルカッタ)に生まれる。コルカタ大学卒業後、1961年にアメリカ合衆国に留学。現在コロンビア大学人文学教授

竹村和子[タケムラカズコ]
1954年生まれ。批評理論、英語圏文学専攻。お茶の水女子大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。