ヴォルテールの世紀―精神の自由への軌跡

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 471p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000222105
  • NDC分類 135.3
  • Cコード C0022

内容説明

「考える自由は人間の生命です」―絶対王政が崩壊に向かい、革命への予感が兆す一八世紀フランスにあって、ヴォルテールと名乗った男は、そう記した。生涯にわたって文化的に、そして政治的に巨大な存在であり続けたヴォルテールは、古代から同時代に至る文学・思想・芸術の圧倒的な教養を背景に、宗教権力や盲信と闘い、農奴解放のために奔走し、ついにはフランスの僻地フェルネーに共同体を建設する。彼を「ヴォルテール」たらしめたもの、それは「人間の生命」である精神の自由にほかならなかった。本書は、パリを追放され、ベルリンの宮廷に招聘されたヴォルテールがプロシアを離れて以降の後半生を、一万数千通に及ぶ書簡を渉猟しながら克明に描き出す。そこに刻まれた激しくも伸びやかな軌跡は、この世紀のヨーロッパが生み出しえた最良の精神を今日に甦らせる。

目次

序にかえて―ヴォルテールの晩年が始まるまで
1 彷徨―祖国を追われて
2 隠棲―ジュネーヴ、交友と反目
3 戦闘―「醜類を踏みつぶせ」
4 父娘―コルネイユ嬢を養女に迎えて
5 寛容―狂信と嵐とカラス事件
6 訣別―ルソーとの確執
7 饗宴―金時計と絹の靴下
8 彫像―生きている長老を称えて
9 解放―革命への序曲
10 帰還―凱旋、栄光、そして死

著者等紹介

保苅瑞穂[ホカリミズホ]
1937年生まれ。1961年東京大学文学部フランス文学科卒業。1968年東京大学大学院人文科学研究科博士課程中途退学。東京大学教養学部教授、獨協大学外国語学部教授などを歴任。専門:フランス文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。