岩波講座 日本歴史〈第8巻〉中世(3)

個数:

岩波講座 日本歴史〈第8巻〉中世(3)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年09月16日 22時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 314p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784000113281
  • NDC分類 210.1
  • Cコード C0321

内容説明

南北朝期から応仁・文明の乱に至る室町幕府の盛衰を辿る。一揆と徳政、所有構造、貨幣・流通、宗教・文化などの切り口から中世後期の日本を描き出す。

目次

室町幕府論
東アジア世界の変動と日本
応仁・文明の乱
荘園制の展開と所有構造
一揆と徳政
中世後期の貨幣と流通
室町幕府と仏教
室町時代の文化

出版社内容情報

建武政権打倒から南北朝動乱を経て,武家政権として確立し,やがて衰退してゆく室町幕府の歴史を軸に,東アジアの変動や,所有・貨幣・流通などの経済的側面,一揆に象徴される社会編成の変容,宗教・文化など様々な切り口から室町時代を描きだす.