国際人権・刑事法概論

個数:

国際人権・刑事法概論

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 367,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784797222692
  • NDC分類 329
  • Cコード C3332

内容説明

「この本が対象としている読者は、国際法、人権法、刑事法に関心のある学生、実務家、そして、国際人権や国際犯罪に興味があるがちょっと怖い感じもするし、専門書はとっつきにくい、と考えているその他の人たちである。」(「はしがき」より)。テロリズム、サイバー犯罪など最先端テーマをとおして現代国際法の姿を描き出す。

目次

第1部 国際社会の構造変化と国際法(近代国際法の基本構造―すべての、出発点;国際社会の構造変化と国際法(アフターの変化;規範の変化)
国家管轄権の内容とその拡大―誰が、誰の面倒を見るか ほか)
第2部 人権の国際的保障(人権の国際的保障の歴史―ヒトは如何にして人になったか;国連人権システムの活動―国際政治と人権のはざまで;国際人権規約と人権条約システム―国際社会の憲法 ほか)
第3部 国際刑事法と国際社会の共通利益(国際刑事法の意義―海賊からインターネット・ポルノまで;国際刑事司法協力―犯人を、追い詰める;戦争犯罪、人道に対する罪、ジェノサイド―最も深刻な犯罪 ほか)

著者等紹介

尾崎久仁子[オザキクニコ]
教養学士。M.Phil.in International Relations(Oxon)。1956年生。1979年東京大学大学院社会学研究科(国際関係論)中退。同年外務省入省。2001年より東北大学大学院法学研究科教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。