岩波世界の美術<br> ゴヤ

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波世界の美術
ゴヤ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 21時11分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 351p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784000089241
  • NDC分類 723.36

内容説明

本書では、その作品と残された文献資料から、この芸術家の人間性について何が導きだされうるかが探求されるであろう。ここではとくに、ゴヤの芸術を彼の生きた時代のスペインという文脈のなかに位置づけ、政治的、経済的、社会的問題がどの程度までゴヤの物の見方を浸食したのか、あるいは先鋭にしたのかを、考察する。

目次

1 前途多難な門出―アラゴン、マドリード、ローマでの修業時代
2 宮廷生活と宮廷美術―ブルボン王家の庇護とタピスリーの原画
3 高慢なへそ曲がり―芸術的霊感と教会による非難
4 崇高なる肖像画家―私的なパトロンとその肖像
5 病、狂気、妖術―「ロス・カプリーチョス」への道
6 孤立した君主―政情不安と芸術の勝利
7 戦争の惨禍―戦争とその目撃者、ゴヤ
8 戦争の余波―平和と隠棲の芸術
9 後世からの賛辞―ゴヤの遺産とスペインの伝統

著者紹介

シモンズ,サラ[Symmons,Sarah]
エセックス大学美術史・理論学部講師。ロマン主義時代のスペイン美術史専攻。おもな著書として『Goya』,London,1977;『Flaxman and Europe,the Ouline Illustrations and their Influence』,New York,1984;『Goya:In Pursuit of Patronage』London、1988などがある

松原典子[マツバラノリコ]
1968年香川県生まれ。上智大学卒業、早稲田大学大学院修士課程修了。現在、早稲田大学大学院博士後期課程およびシカゴ大学大学院博士課程に在学中。スペイン美術史専攻。共訳に「プラド美術館」がある

大高保二郎[オオタカヤスジロウ]
1945年、香川県生まれ。早稲田大学大学院修了。上智大学教授。スペイン美術史専攻。おもな著書として『ゴヤ』朝日新聞社。『ピカソ美術館』(共編)集英社、『NHKプラド美術館』全5巻(責任編集)日本放送出版協会。おもな翻訳書として『ゴヤ全素描』(共訳)岩波書店、『ベアトゥス黙示録註解 ファンクンドゥス写本』(共訳)岩波書店などがある

出版社内容情報

矛盾に満ち謎の多いスペインの首席宮廷画家ゴヤの全画業を当時の政治・経済・社会問題の中に位置づけ、その実像にせまる。