岩波現代選書<br> 史的システムとしての資本主義

岩波現代選書
史的システムとしての資本主義

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 170p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000047777
  • NDC分類 332.06

出版社内容情報

『近代世界システム』の歴史的研究を踏まえて,世界システムとしての資本主義の生成・発展,そこで形成されたイデオロギーの性格について究明し,資本主義に代る新しいシステムへの移行について,漸新な問題提起を行なう.

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

marukuso

0
難しい。何がなにやら。著者がいいたいのはプロレタリアが革命の主体とはならず、中産階級が成熟し、結果的に資本主義が進歩するという形で社会主義が到来するのだ、ということなんだと思う。資本主義批判はさんざ読んできてるからとりわけ目新しいところはない。だが、家事など女性が中心としてしてきた労働を、資本主義は労働と認めていないと批判していた。20年前に出てる本だけど、今でも通じる変わってない価値観な んだなあと思う次第。2013/06/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/263609

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。