「能率」の共同体―近代日本のミドルクラスとナショナリズム

個数:
  • ポイントキャンペーン

「能率」の共同体―近代日本のミドルクラスとナショナリズム

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月13日 13時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 319p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000018241
  • NDC分類 361.5
  • Cコード C0036

内容説明

一九二〇年代から高度成長期までを貫く近代日本のナショナリズムを「能率の共同体」という観点から捉えなおす。産業合理化、大量生産技術、サラリーマン、都市と農村の人口問題、オートメーション、マネジメント(経営)―こうした量と数、機械と能率をめぐるテクノロジーの変容は、同時代の諸言説とどのような影響関係にあり、国民という共同体の想像、ミドルクラスの文化や生活をどう規定したのか。吉野作造から丸山眞男、大衆社会の成立から消費社会化・情報社会化を縦横に論じ、ナショナリズム論に新境地を拓く、歴史的=理論的探究。

目次

序章 想像の共同体から「能率」の共同体へ―ナショナリズムと文化の社会学
第1章 量の技術と文化の時代―一九二〇年代
第2章 ネーションをエンジニアリングする―一九三〇年代
第3章 数の技術と戦後社会―一九五〇年代
第4章 マイホームをマネジメントする―一九六〇年代
終章 ネーションなきナショナリズムの時代に

著者紹介

新倉貴仁[ニイクラタカヒト]
1978年生まれ。成城大学文芸学部専任講師。社会学、メディア論。東京大学大学院情報学環・学際情報学府博士課程修了。博士(社会情報学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

1920年代から高度成長期までを貫く近代日本のナショナリズムを、量と数をめぐる技術変容から論じる。