海亀通信

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 338p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000001830
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

オウム事件や少年犯罪など揺れ動く日本社会について発言し反響をよんだ「海亀日記」や生命科学や宇宙論への考察など,時代と格闘し,新しい人間のあり方を創造の現場から模索する作家の思考を伝える最新エッセイ集.

内容説明

21世紀わたしたちはどこへ行くのか。戦争や環境危機、続発する少年犯罪…ゆれ動く現代世界を真摯に問い、宇宙論や生命科学などの新しい知をみつめながら世界と人間のありかたを模索する作家の最新エッセイ集。

目次

1 海亀日記
2 “混成”化する世界へ(浮上してくるもの;コソボ戦争と想像力;永遠なるインドの水爆;東アジアの春;世界の交差点で;混血の海辺で;淋しい都市で ほか)
3 道づれの本―若者たちに

著者等紹介

宮内勝典[ミヤウチカツスケ]
1944年ハルビン生まれ。主な著書に「南風」「グリニッジの光を離れて」「金色の象」「宇宙的ナンセンスの時代」「ニカラグア密航計画」「戦士のエロス」「バリ島の日々」「ぼくは始祖鳥になりたい」「善悪の彼岸へ」
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

捨拾(すてろう)

0
好きなミュージシャンが、舐める様に愛読していると知り、手に取った作家。なるほど、実に効く文章である。野田知佑、藤原新也、中島らも、自身がティーンエイジャーだった頃、脳髄を撃ち抜かれた作家達に連なる破壊力を持っている。陳腐な表現ではあるが、もっと早く出会いたかった。彼の小説も読んでみよう。2018/03/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2163519

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。