語りかける身体―看護ケアの現象学

個数:

語りかける身体―看護ケアの現象学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月18日 17時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 269p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784946509254
  • NDC分類 492.9
  • Cコード C3010

内容説明

いわゆる植物状態と呼ばれる患者は外側から観察されるかぎり、なんのふるまいも声を発することも出来ず、他者との交流が不可能な存在とされている。しかし、実際にケアに携わる看護者たちは、彼らとの交流を確かなものとして実感し、はっきりとは見てとれないが経験の内に埋もれている“何か”に、著者の視線は向けられる。メルロ=ポンティの「身体論」を手がかりに“身体”固有の始源的次元へと立ち帰り、そのはっかりとは見てとれない関係を経験の内側から、看護者の視線から記述した画期的労作。

目次

第1章 “植物状態患者の世界”への接近(植物状態患者との出会い;方法論的模索)
第2章 看護経験の語り(Tセンターでの経験;受持ち患者との関わりをふり返る;経験のふり返りと気づき)
第3章 “身体”を介して交流する看護ケア(視線が絡む;手の感触が残る;タイミングが合う ほか)
第4章 臨床のいとなみへのまなざし(探究のプロセスのふり返り;看護研究における現象学的方法論の課題)

著者等紹介

西村ユミ[ニシムラユミ]
1991年日本赤十字看護大学卒業後、神経内科病棟勤務。1997年女子栄養大学大学院栄養学研究科(保健学専攻)修士課程修了。2000年日本赤十字看護大学大学院看護学研究科(基礎看護学専攻)博士後期課程修了。現在日本赤十字看護大学基礎看護学II(成人)講師
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。