ばあちゃん助産師(せんせい) こころの子育て

個数:
電子版価格 ¥1,232
  • 電書あり

ばあちゃん助産師(せんせい) こころの子育て

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月20日 01時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 216p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784863111110
  • NDC分類 599
  • Cコード C0077

出版社内容情報

ベストセラー『大丈夫やで』の著者、91才日本最高齢現役助産師による
「母の覚悟、母の楽しさ」についての子育て論。
一度芽生えたら一生もんの「子どものこころの根っこ」の育て方がわかる一冊。

「0才でこころの根っこを育てたら、子育ては半分終わったようなもんや。
 1才からは周囲の助けをかりて、楽チン子育てするんやで。」
ベストセラー『大丈夫やで』の著者、91才日本最高齢現役助産師が、
「子どもを産み育てる楽しさ、母としての覚悟」について語った一冊です。
これから母になるあなたに、そして懸命に子育てしているのに、なかなか
うまくいかなくて苦しんだり、迷ったりしているお母さんに、
ぜひ読んで頂きたいと願っています。

序章 「おなかの中」こころの根っこが生れる季節 
第1章 「◯才」こころの根っこを育む季節
第2章 イラストエッセイ~母である前に~
 その一 産後すぐ
 その二 お乳のこと
 その三 退院してから
第3章 「一才から」こころの芽が出てふくらむ季節
第4章 「家庭のこと」こころの根っこがのびる土壌
終章 「私の原風景」~ふるさと、人、戦争から学んだこと~

【著者紹介】
大正13年、和歌山県に生まれる。
14才で働きはじめ、23才で和歌山県上芳養の自宅にて「坂本助産所」を開業。
73才で同県田辺市に移転。91才の今なお現役。
4,000人以上のお産にかかわり、子育てのよろず相談所として地域に貢献している。

内容説明

ベストセラー『大丈夫やで』91才日本最高齢現役助産師が今、どうしても伝えたいこと。

目次

序章 「おなかの中」こころの根っこが生まれる季節
第1章 「○才」こころの根っこを育む季節
第2章 イラストエッセイ―母である前に
第3章 「一才から」こころの芽が出てふくらむ季節
第4章 「家庭のこと」こころの根っこがのびる土壌
終章 「私の原風景」―ふるさと、人、戦争から学んだこと

著者等紹介

坂本フジヱ[サカモトフジエ]
大正13年、和歌山県に生まれる。23才で和歌山県の上芳養の自宅にて「坂本助産所」を開業。73才で同県田辺市に移転。91才の今なお現役。4000人以上のお産にかかわり、子育てのよろず相談所として地域に貢献している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

15
生まれる、という原始からのつながりを自らの体で体験することができて私は幸運だったと思う。そして、けんかもしてきたけれどだんなさんというパートナーに巡り合えて幸運だったと思う。まだ4歳。でももう親になって4年以上になるんだ!とこの0歳児をもつお母さんに向けて書かれた本を読みつつ思った。2015/12/25

ツキノ

11
積読本-38 0歳でこころの根っこを育てる。それができる社会に国がしていく必要がありますな。「受け入れる」という点では佐藤初女さんが伝えてくれることと共通している。とても読みやすくずっしりくる話でもある。巻末の「私の原体験」も素敵。民俗学的な価値もある。2016/03/24

Hideka

3
★★★★★はじめての育児で、時々あまりの責任の重さに目の前が真っ暗になる思いがする。シンプルに、当たり前のことを一つずつ噛み砕いて書かれているこの本は、そういう気持ちを和らげてくれる気がする。自立した人間の根本に必要な土台要素はなにか。今まさに土台作りをしている真っ最中のこの時期に出会えて良かった一冊。そしてこれまでの自分の「育てられ方」を振り返る指針にもなる一冊。2015/07/07

まひろ

2
子どもに向かい合っているつもりで、出来ていなかった部分があることに気付き、はっとした。毎日のことに追われて、ちゃんと育ってくれるか心配で不安でたまらなくて、必死になり過ぎていて、娘がどんな風に過ごしていたのか、どんな顔をしていたのか、よく覚えていない空白の時間がある。 生まれたばかりの娘と過ごす毎日は濃密。 更に濃いものにしていきたい。 最初は真似事でもいい。ふりでもいい。 ばあちゃん先生の、あたたかく力強い言葉。 母として生きる人生の傍らに、この本を置いておこう。2015/06/13

Belle Rose

1
出産や子育てについてが前半に記されているが、後半はこころと命について、とても大切な事が書かれています。自分の今の気持ちに叶う言葉を見つける事ができる本です。2017/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9682053

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。