ロンドンで本を読む

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 337,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784838712410
  • NDC分類 019.04
  • Cコード C0095

内容説明

イギリスの書評は知的で面白い読み物だ。読むに価する本の魅力を、普通の読者に向けてすっきりと語る。そして読者を本屋さんまで走らせる―そんな見本が41本。

目次

ヨーゼフ・ロート『聖なる酔っぱらいの伝説』―聖人の人生(マイケル・ウッド)
ミラン・クンデラ『冗談』―クンデラのジグソー・パズル(デイヴィッド・ロッジ)
ミラン・クンデラ『存在の耐えられない軽さ』―クンデラと俗悪なもの(ジョン・ベイリー)
ジョン・クレランド『ファニー・ヒル』―一九五〇年のマージー・サウンド(ブリジッド・ブローフィ)
コナン・ドイル『オックスフォード版シャーロック・ホームズ全集』―戸棚に隠されたケルト人の謎(匿名氏)
イーヴリン・ウォー『大転落』―うんと派手な服(キングズレー・エイミス)
グレアム・グリーン『事件の核心』―罪は幸福か?(イーヴリン・ウォー)
アンガス・ウィルソン『服毒したあと』『動物園の責任者』『ミセス・エリオットの中年期』『笑いごとではない』『荒れた庭、あるいは書くということ』―いつも慎重だった男(アントニー・バージェス)
アニータ・ブルックナー『異国の秋』―生涯の友人(ルース・レンデル)
デイヴィッド・ロッジ『小説の技巧』―彼の本を手本にして(A・S・バイアット)〔ほか〕