思文閣史学叢書<br> 中世日本の政治と文化

  • ポイントキャンペーン

思文閣史学叢書
中世日本の政治と文化

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 455,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784784213245
  • NDC分類 210.4
  • Cコード C3021

内容説明

本書は、筆者がこれまで執筆した論文のうち、特に中世日本の政治と文化に係わる十五本を選び、三つの章に編成したものである。

目次

第1章 政治と支配(大塔宮護良親王令旨について;令旨の書き止め文言―征西将軍宮懐良親王と大塔宮護良親王;邦省親王の悲劇―もう一つの大覚寺統分枝 ほか)
第2章 政治と宗教(三宝院賢俊について;日記に引用された文書とその性格―『満済准后日記』を素材として;五壇法の史的研究 ほか)
第3章 政治と文芸(朝廷と幕府―鎌倉時代の朝幕関係と『増鏡』;後醍醐天皇―その怨霊と鎮魂、文学への影響;『太平記』と足利政権―足利直義の係わりを中心に ほか)

著者等紹介

森茂暁[モリシゲアキ]
1949年(昭和24)長崎県生まれ。72年九州大学文学部国史学科卒業。75年同大学院文学研究科博士課程中途退学。九州大学文学部助手、京都産業大学教養部助教授、山口大学教養部教授・同人文学部教授を経て、97年より福岡大学人文学部教授。文学博士(昭和60年・九州大学)。専攻は日本中世史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。