図解でわかるはじめての電子回路

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 348p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784774114224
  • NDC分類 549.3
  • Cコード C3055

内容説明

電子機器は、私たちの身の回りにあふれています。この身近な電子機器は、多数の電子回路からできているのです。電子回路は、いったいどんなしくみでしょうか。どのように動いているのか。電子とは?半導体とは?論理回路とは?増幅とは?電波とは?この原理と基礎をじっくりと解説。

目次

第0章 計算と回路の基本
第1章 ダイオード
第2章 トランジスタの基本
第3章 OP.Amp
第4章 2進数と16進数
第5章 論理回路
第6章 パルスと発振回路
第7章 変調と復調

著者等紹介

大熊康弘[オオクマヤスヒロ]
1968年生まれ。現在、東京工業大学工学部附属工業高等学校電気科教諭
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

baboocon

5
超速読で読了。電子回路の初歩の初歩。2017/01/07

ところてん

0
トランジスタのところが難しかったです。電気回路のほうから順番に読んだほうがいいのかもしれません。電流と電圧がグラフになっている所がよくわかりませんでした。でも、次に読む本では電子回路を理解したいと思います。2014/01/10

0
式変形が若干冗長な気がするが,丁寧に書かれていて分かりやすい様に思う.一部専門的な部分は,専門書を参考にして下さいと書いてあるが,例がないので,おすすめの本があると良かった.2013/07/26

きのこ

0
全然わからない2012/04/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/185154

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。