うつ病を体験した精神科医の処方せん

個数:

うつ病を体験した精神科医の処方せん

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月20日 08時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 187p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784272360550
  • NDC分類 493.76
  • Cコード C0047

出版社内容情報

日本人の7人に1人がかかるうつ病。本書は、みずからもうつ病になった医師が、その壮絶な体験をまじえて建前ぬきの本音で語るとともに、精神科医としての豊富な治療経験から、うつ病のメカニズムと具体的な対処法を解説する。「生きていてよかった」と思える本です。

内容説明

「生きていてよかった」と思える本です。うつ病は「心の肺炎」。つらいけど、絶望することはありません。適切な治療や生活改善で必ず回復します。

目次

1章 人はなぜ、うつ病になるのか(国民の七人に一人がうつ病になる;精神科受診までのまわり道;うつ病(気質)者のもつ「成功や達成感への願望」 ほか)
2章 うつ病は「理屈なく」つらい(うつ病は心の肺炎だ;うつ病は「理屈なく」つらい;うつ病か神経症性うつ状態か ほか)
3章 うつ病からの回復術(荘子の哲学と相対化;習慣化はうつ病を予防する;ご家族は「あいまいさに耐える能力」を ほか)

著者等紹介

蟻塚亮二[アリツカリョウジ]
1947年3月11日福井県生まれ、精神科医。1972年弘前大学医学部卒。卒後、健生病院、大清水健生病院を経て藤代健生病院に2004年春まで勤務。1985年から1997年まで藤代健生病院院長、その後同病院名誉院長、津軽保健生活協同組合理事長を歴任。2004年4月から沖縄に移住して、現在、輔仁会サマリヤ人病院勤務。その他に、日本精神障害者リハビリテーション学会理事、精神障害をもつ人の就労に関する欧州会議日本代表などを務めている。日本精神神経学会評議員2期歴任。2000年、弘前市長選に立候補。2001年、精神保健功労にて青森県知事表彰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かんちゃん

9
うつ病に関する本は星の数ほどありますが、これはイチオシです! タイトル通り、著者は自らうつ病を体験した精神科医。だけど、実は権威ある名医。 かく言う私は現役のうつ病患者。仕事に復帰して3年経ち、当時のツラさをすっかり忘れていましたが、この本を読んで「そうだったな〜」と懐かしく思い出しました。今ではほとんど回復しましたが、本音では、むしろ以前よりも人間が大きくなったんじゃないかと自負しています。身近にうつ病になった方がいらっしゃるなら、一度読んでみてはいかが?2014/08/14

ノンケ女医長

5
治療者かつ患者である先生の本はこのうえなく貴重だ。多忙を極め、一年間の重度うつ病ののち、大腸癌で手術を受けたのは36歳だそうだ。臨床で心がけていること、先生自身の少し破天荒な行動は面白い。「低空飛行で行こう」という励ましがすっと琴線に触れるときは、私もきっと疲れているんだと思う。先生自身も患者さんから「おっ、今日の先生は調子いいな」などと言葉をかけられており(138頁)、主治医患者関係で見習うべきところがある。診察で精神科医が疲れる理由として、「チャンネルを切り替える」(137頁)の表現には深く同意する。2020/01/28

しろっぽいナニカ

3
まだ全部自分の中でちゃんと咀嚼しきれたかどうかは分かりませんが、今のストレスが溜まりやすい社会の中でどのようにしてうまく生きるか?また鬱病って本当はどんなものなのか?を分かりやすく説明されています。鬱や今の現代社会を生きる上で大変勉強になりました。2013/06/01

むかひちゃん

2
患者としての視点と医師としての視点はもちろん、社会人としての視点からも現代のうつ病を引き起こしやすい社会について指摘している。文章が非常に分かりやすく、うつ病でない方、うつ病患者のご家族にも読んで頂きたいです。2015/04/08

ラディア

2
実際に自分自身がうつ病となった医師の経験談と社会への提言。特に今病気で苦しんでる人必読の内容。2013/08/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/248402

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。