中公クラシックス<br> モナドロジー・形而上学叙説

個数:
電子版価格 ¥1,728
  • 電書あり

中公クラシックス
モナドロジー・形而上学叙説

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2019年04月20日 18時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 312p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121600745
  • NDC分類 134.1
  • Cコード C1210

内容説明

究極的な根本原理を探究した「バロックの哲学者」の代表作。

目次

モナドロジー
形而上学叙説
小品集(対話―事物とことばとの結合;位置解析について―ホイヘンスへの手紙;学問的精神について;事物の根本的起原;必然性と偶然性―コストへの手紙;モナドについて―ワグナーへの手紙)

著者等紹介

ライプニッツ[ライプニッツ][Leibniz,Gottfried Wilhelm]
1646~1716。ドイツの哲学者、数学者。その業績は歴史学、法学、神学、言語学の多方面に及び、外交官、実務家、技術家としても活躍した。ライプツィヒに生まれ、大学で哲学、法律、数学を学んだ後、マインツ侯国の法律顧問官となる。1672年からは外交上の仕事のためパリに滞在、当時の学問の先端に触れる機会をもった。帰国後はハノーバー家に司書官、顧問官として仕えながら学問的な研究をはじめ種々の活躍をした。ベルリン科学アカデミーの設立もその一例である

清水富雄[シミズトミオ]
1919年(大正8年)東京生まれ。東京文理科大学哲学科卒業。東京教育大学文学部助手、愛知県立大学教授などを経て、皇学館大学教授。文学博士。1987年逝去

竹田篤司[タケダアツシ]
1934年(昭和9年)愛知県生まれ。東京教育大学哲学科卒業。同大学院博士課程(仏文学)中退。明治大学教授を務める

飯塚勝久[イイズカカツヒサ]
1939年(昭和14年)東京生まれ。東京教育大学文学部哲学科卒業。同大学院博士課程修了。立教大学、筑波大学各助教授を経て、日本大学教授を務める
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

危機の十七世紀、「発見の方法」の探究から脱して、「体系」の建設に踏み出した近世古典哲学の到達点。