集英社新書
人権と国家―世界の本質をめぐる考察

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784087203677
  • NDC分類 304
  • Cコード C0210

内容説明

ラカン、マルクス、ヘーゲル等の理論を援用しつつ、哲学、政治。芸術などあらゆる分野で刺激的な論を展開している哲学者スラヴォイ・ジジェク。倫理や政治に関する最近の論文と、故郷リュブリアナ二日間にわたって行なわれた岡崎玲子によるロングインタビューとを併せ、オリジナル編集でおくるジジェク初の新書。その独特な視座からの挑発的な発言で、思想界に衝撃を与え続けるジジェクの素顔が、はじめて明かされる。

目次

ジジェク・インタビュー1 強大な世界秩序としてのユートピア
「パリ暴動と関連事項にまつわる、物議を醸す考察」
ジジェク・インタビュー2(文化と自由の再定義;イデオロギーは死んでいない)
「人権の概念とその変遷」
ジジェク・インタビュー3(暴力の分類と責任論;日本文化や旅について)

著者等紹介

ジジェク,スラヴォイ[ジジェク,スラヴォイ] [Zizek,Slavoj]
1949年スロヴェニア生まれ。哲学者。リュブリアナ大学で博士号を取得したのち、パリで精神分析を学ぶ

岡崎玲子[オカザキレイコ]
1985年兵庫県生まれ。『レイコ@チョート校』でデビュー。『9・11ジェネレーション』で黒田清・日本ジャーナリスト会議新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。