講談社文庫<br> ファンム・アレース〈4〉

個数:

講談社文庫
ファンム・アレース〈4〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月25日 18時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784062936187
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

莫大な力を秘めた「聖魔の魂」と魔女の恐ろしい陰謀。ララとバビロンは、天使の力を借りることがその危機を打ち砕く鍵と知るが…。魔女の野望を打ち砕くべく、天使の召喚魔法書を求めて旅をするララと仲間たち。一行の行く手を、魔宮に住む女怪が阻む。ピンチに陥ったララとバビロンだったが、「聖魔の魂」を持つテジャの霊力で救われた。そんな彼らの前に、またしても不思議な男たちが現われる。決戦前夜の苦闘を描いた人気シリーズ第4作。

香月 日輪[コウヅキ ヒノワ]
著・文・その他

内容説明

魔女の野望を打ち砕くべく、天使の召喚魔法書を求めて旅をするララと仲間たち。一行の行く手を、魔宮に住む女怪が阻む。ピンチに陥ったララとバビロンだったが、「聖魔の魂」を持つテジャの霊力で救われた。そんな彼らの前に、またしても不思議な男たちが現れる。決戦前夜の苦闘を描いた人気シリーズ第4作!

著者等紹介

香月日輪[コウズキヒノワ]
和歌山県生まれ。『ワルガキ、幽霊にびびる!』(日本児童文学者協会新人賞受賞)で作家デビュー。『妖怪アパートの幽雅な日常(1)』で産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。2014年12月永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サン

10
ファンムアレースシリーズ4冊目。ララとバビロンの旅は魔女を倒すため、進みますが、よくよく手助けをするため寄り道します。新たな仲間が更に増え、結構な所帯になってきました。掛け合いが面白いです。2017/11/29

gram1126

5
ララ大好き★★★2017/09/30

のりたま

5
面白いなぁ・・・香月さんの本を読むたび、もう居ないんだ・・・と寂しくなります。 まだまだ読みたかった。2017/04/05

カゲツナ

4
ララとバビロンもだが、いろんな宿命をもつ者がいるなぁ。それでも前を向き生きていかねばならない。 ララたちは未来を掴むことができるのか。続きが楽しみだ。2017/09/09

三森紘子

4
「出発の用意をせよ、エサよ……いや、バビロン」「わざとだろ!今のわざと間違えたろ!!」めっちゃ笑った。ララとアティカのコンビがなにげに息合ってていい。サーブルとグールというしぬほど萌えるコンビも加わってますますにぎやかに。そして、さらっと書かれているけどいかに生きるか、という人生観?のようなものがふんだんに出てきて、正しきファンタジー小説だなぁと思います。2017/07/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11554893
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。