ブルーバックス<br> コーヒーの科学―「おいしさ」はどこで生まれるのか

個数:
電子版価格 ¥1,188
  • 電書あり

ブルーバックス
コーヒーの科学―「おいしさ」はどこで生まれるのか

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2022年06月29日 19時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 317p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784062579568
  • NDC分類 619.89
  • Cコード C0240

出版社内容情報

毎日のコーヒーがおいしくなる!最先端の科学が解き明かす味と香りの秘密や家庭でもできる上手な淹れ方、意外な効能などを紹介。今では、我々の生活に欠かすことのできない嗜好品となったコーヒー。
その独特の香味はどのように生まれるのだろうか。
自家焙煎店で培われた職人の技術と知恵を、科学の視点で徹底分析。味をコントロールし、自分好みのコーヒーを淹れる秘訣が見えてくる。
科学論文に基づく知見を踏まえて、コーヒーのさまざまな謎に迫る!

はじめに
第1章 コーヒーってなんだろう?
第2章 コーヒーノキとコーヒー豆
第3章 コーヒーの歴史
第4章 コーヒーの「おいしさ」
第5章 おいしさを生み出すコーヒーの成分
第6章 焙煎の科学
第7章 コーヒーの抽出
第8章 コーヒーと健康
おわりに
参考文献


旦部 幸博[タンベ ユキヒロ]
著・文・その他

内容説明

今では、我々の生活に欠かすことのできない嗜好品となったコーヒー。その独特の香味はどのように生まれるのだろうか。自家焙煎店で培われた職人の技術と知恵を科学の視点で徹底分析。味をコントロールし、自分好みのコーヒーを淹れる秘訣が見えてくる。科学論文に基づく知見を踏まえて、コーヒーのさまざまな謎に迫る!

目次

第1章 コーヒーってなんだろう?
第2章 コーヒーノキとコーヒー豆
第3章 コーヒーの歴史
第4章 コーヒーの「おいしさ」
第5章 おいしさを生み出すコーヒーの成分
第6章 焙煎の科学
第7章 コーヒーの抽出
第8章 コーヒーと健康

著者等紹介

旦部幸博[タンベユキヒロ]
1969年長崎県生まれ。京都大学大学院薬学研究科修了後、博士課程在籍中に滋賀医科大学助手へ。現在、同学内講師。専門は、がんに関する遺伝子学、微生物学。人気コーヒーサイト「百珈苑」主宰。自家焙煎店や企業向けのセミナーで、コーヒーの香味や健康に関する講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

204
私もコーヒー好きで1日に数杯飲んでいるのですが、この本はほーヒーの世界を広げてくれることの役立ちました。非常にいい本です。コーヒーの起源や歴史、うまみ、焙煎、抽出、健康についてかなり専門的な内容をわかりやすく納得できるように説明してくれています。コーヒー好きの人にとっては手元においておきたい1冊です。2017/02/02

あすなろ

90
数人の読友さんが確かお読みになられていて、いつか読みたいと積読していた本。科学でブルーバックスだから、木・歴史・美味しさ・成分・焙煎・抽出・健康に至る迄、科学は入る。でも興味深く読了。中でも、アラビカ種とロブスタ種やサビ病、珈琲の味言葉、苦味のスッキリ感はストレス解放感であることやカフェインレスよりカフェインが苦味ではないだろうこと、炭火焙煎珈琲の科学的には不可思議な点、ダッチコーヒーの口内温度で香り開く点や実は京都が発祥であること、モカ臭は発酵臭⁈等々、珈琲好きには面白い内容であった。2020/04/20

kaizen@名古屋de朝活読書会

52
#感想歌 #短歌 #ケニア にはフレンチミッションブルボンが #カシス の香り #MMBF 遺伝子の組み替えカフェインレスコーヒー奈良先端大佐野浩ら 噛みコーヒー、ブコバ地方のハヤ族は茹で天日干し燻製おやつ。ケニアコーヒーのことをよく知らなかったので手に取る。P153「ケニアに潜むカシスの香り3-メルカプト-3-メチルブチルフォルメート」「FFT(2-フルフリルチオール)以外にも何種類かの含硫化合物が含まれ」「3-メルカプト-3-メチルブチルフォルメートMMBF」「カシス」「フレンチミッションブルボン」 2017/03/13

yutaro13

47
再読。コロナ禍のステイホーム時間を充実させるため、というわけでもないが、昨年にドリップ式のコーヒーメーカー、今年に入ってミルを導入。本書はあくまでもコーヒーの「科学」というマニアックな本で、コーヒーの成分や味で化学の専門用語が羅列されると私にはちんぷんかんぷんであるが、焙煎や抽出時に何が起きているのかなど改めて勉強になった。豆の品種よりも焙煎度の方が香味の違いに与える影響が大きいということは、コーヒー初心者が知っておいてよい事実と思われる(要は好きな豆の品種を探る前に好きな焙煎度を知れということだ)。2021/04/04

まさむ♪ね

44
品種、産地、精製、焙煎、抽出、湯温、ちょっと思いつくだけでもこんなにある珈琲の味を左右する要素。もはや宇宙。自分でお豆挽いて淹れるだけでもう大満足、甘党なわたしはお砂糖たっぷり投入、それをうまいうまい言いながら飲んでたあの頃(といってもつい最近までそんな感じ)。そんなわたしもいまや基本ブラックで、酸味がどうの苦味がどうのコクがどうのとのたまうのだから、まったくえらくなったもんだ。とくに興味深く読んだのは、焙煎中や抽出中に内部でどんな変化が起こっているか。やっぱり泡が肝心。珈琲への理解が深まる良い本でした。2016/05/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10216477

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。