岩波新書<br> 命こそ宝―沖縄反戦の心

個数:

岩波新書
命こそ宝―沖縄反戦の心

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年06月23日 14時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 231p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004302490
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0295

出版社内容情報

「自らの土地を戦争準備のための基地に使わせない」.復帰前,沖縄・伊江島の島ぐるみの土地闘争を主導して米軍を追いつめた著者は,九○歳になるいまも,基地解放を求めて闘い続け,反戦平和資料館(ヌチドゥタカラ〔命こそ宝〕の家)を主宰して,平和を創る実践活動を展開している.復帰後二○年の闘いを語り,生涯をかけたことばを紡ぎだす.

内容説明

薬莢・模擬爆弾から、軍服や戦争中の生活用具―。伊江島の反戦平和資料館「ヌチドゥタカラの家」には戦争と基地被害の証拠品がところ狭しと並べられている。沖縄戦の悲劇を体験し、基地反対闘争の先頭に立ってきた著者の新たな平和を創る実践活動の舞台である。90歳になる著者が、沖縄の復帰20年を語り、自らの生涯と思想を語りつくす。

目次

序章 語り伝えたいこと―沖縄戦と「島ぐるみ」闘争の体験から
1 復帰後の沖縄、そして伊江島
2 「反戦平和資料館」を創る
3 戦争の証拠が訴えるもの
4 国の不正をただす裁判
終章 心の勉強と真理の闘い