第181回サザンセミナー「今の言葉、今の心で訳した『源氏物語』の魅力」角田光代×池澤夏樹×江國香織(2020年3月12日)

第181回紀伊國屋サザンセミナー

池澤夏樹=個人編集日本文学全集『源氏物語』(角田光代訳)完結記念

今の言葉、今の心で訳した『源氏物語』の魅力
角田光代×池澤夏樹×江國香織

【最新】200312源氏イベントチラシ.jpg

日 時
2020年3月12日(木) 19:00開演(18:30開場)


会 場
紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA (タカシマヤタイムズスクエア南館7F(地図))


出 演
角田光代 (かくた・みつよ)
1967年、神奈川県生まれ。著書に『まどろむ夜のUFO』(野間文芸新人賞)、『空中庭園』(婦人公論文芸賞)、『対岸の彼女』(直木賞)、「ロック母」(川端文学賞)、『八日目の蝉』(中央公論文芸賞)、『紙の月』(柴田錬三郎賞)など多数

池澤夏樹 (いけざわ・なつき)
1945年生まれ。作家・詩人。88年『スティル・ライフ』で芥川賞、93年『マシアス・ギリの失脚』で谷崎潤一郎賞、2010年「池澤夏樹=個人編集 世界文学全集」で毎日出版文化賞、11年朝日賞、ほか多数受賞。他に『カデナ』『アトミック・ボックス』など。

江國香織 (えくに・かおり)
1964年、東京都生まれ。著書に『きらきらひかる』(紫式部文学賞)、『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』(山本周五郎賞)、『号泣する準備はできていた』(直木賞)、『がらくた』(島背恋愛文学賞)、『真昼なのに昏い部屋』(中央公論文芸賞)、『犬とハモニカ』(川端康成文学賞)、『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』(谷崎潤一郎賞)などがある
内 容
「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」第6巻、角田光代訳『源氏物語 下』が今年2月25日に刊行される。『源氏物語』(上・中・下)の完結を記念して、超大作に5年向かい合ってきた角田光代氏と、全集編者である池澤夏樹氏(同全集では『古事記』を新訳)と、『源氏物語』を読む主人公が描かれる「更級日記」を同全集で訳した江國香織氏が、源氏物語の小説としての面白さ、その魅力など語りつくす。

入場料金 [全席指定・税込]
1,500円 
チケット取り扱い
発売開始:2月12日(水)10:00~ 

※車いすでご来場されるお客さまは事前に劇場までご連絡ください。
※未就学児のお子様のご入場はご遠慮ください。

 ◎キノチケットカウンター
  (紀伊國屋書店新宿本店5階/営業時間 10:00~18:30)
 ◎キノチケオンライン (24時間受付)
 ticket_kounyu-m.jpg ※クリックしますとチケット販売サイト「Gettii」のページに移動します


お問合せ
紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA 
TEL:03-5361-3321 (10:00~18:30)

共催:河出書房新社・紀伊國屋書店 

日本文学全集 04

日本文学全集 04

池澤夏樹、角田光代 / 河出書房新社
2017/09出版
ISBN : 9784309728742
価格:¥3,850(本体¥3,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

恋に生き、切なさに、嫉妬に、美しさに涙する―日本文学最大の傑作が、明瞭な完全新訳で甦る。

日本文学全集 05

日本文学全集 05

池澤夏樹、角田光代 / 河出書房新社
2018/11出版
ISBN : 9784309728759
価格:¥3,850(本体¥3,500)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

栄華を極める光源氏への女三の宮の降嫁をきっかけに、揺るぎない六条院の調和が崩れ始めていく。最高傑作とされる「若菜 上・下」を含め、22帖「玉鬘」から41帖「幻」まで収録。

2020.02.12 イベントに行こう