第302回新宿セミナー@Kinokuniya公開対談「ドナルド・キーンとは何者であったのか」平野啓一郎×ロバート・キャンベル(2020年2月24日)

第302回新宿セミナー@Kinokuniya


公開対談「ドナルド・キーンとは何者であったのか」

平野啓一郎×ロバート・キャンベル

トンボ無しキーンチラシ.jpg

日 時
2020年2月24日(月・休)13:00開演(12:30開場)

会 場
紀伊國屋ホール (紀伊國屋書店新宿本店4F)

内 容
2020年2月24日、日本文学研究の巨星が墜ちた。ドナルド・キーン。その命日「黄犬忌」を機に、現代文学の最前線に立つ小説家と、日本語と日本社会に向き合い続けてきた文学研究者がその業績を振り返る。

入場料金 [全席指定]
2,000円(税込み)
チケット取り扱い
発売開始:1月9日(木)10:00~
※車いすでご来場されるお客さまは事前に劇場までご連絡ください。
※未就学児のお子様のご入場はご遠慮ください。

店頭販売
キノチケットカウンター (新宿本店5階/店頭販売 受付時間10:00~18:30)

キノチケオンライン】(24時間受付)

お問合せ
紀伊國屋ホール 03-3354-0141 (10:00~18:30)

主催:一般財団法人ドナルド・キーン記念財団設立準備委員会 共催:紀伊國屋書店
後援:朝日新聞社、岩波書店、北区、共同通信社、新潮社、草加市、中央公論新社、東京新聞、公益財団法人ブルボン吉田記念財団、文藝春秋、平凡社、毎日新聞社、読売新聞社 /アメリカ大使館

ドナルド・キ-ン自伝

ドナルド・キ-ン自伝

ドナルド・キ-ン、角地幸男 / 中央公論新社
2019/03出版
ISBN : 9784122067301
価格:¥902(本体¥820)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

私の人生は、信じられないほどの幸運に満ちていた―。生涯を通して、日本文化を世界に紹介してきた著者。ブルックリンの少年時代、一人の日本兵もいなかったキスカ島、配給制下のケンブリッジ、終生の友・三島由紀夫の自殺...。思い出すことのすべて。「日本国籍取得決断の記」「六〇年の月日と終生の友人たち」の二篇を増補。(WEBより)

マチネの終わりに

マチネの終わりに

平野啓一郎 / 文藝春秋
2019/06出版
ISBN : 9784167912901
価格:¥935(本体¥850)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

天才クラシックギタリスト・蒔野聡史と、国際ジャーナリスト・小峰洋子。四十代という"人生の暗い森"を前に出会った二人の切なすぎる恋の行方を軸に、芸術と生活、父と娘、グローバリズム、生と死などのテーマが重層的に描かれる。いつまでも作品世界に浸っていたいと思わずにはいられないロングセラー恋愛小説を文庫化!(WEBより)

東京百年物語 1 一八六八~一九〇九

東京百年物語 1 一八六八~一九〇九

ロバ-ト・キャンベル、十重田裕一 / 岩波書店
2018/10出版
ISBN : 9784003121719
価格:¥891(本体¥810)

本棚に登録 カートに入れる 店頭在庫検索 電子書籍はこちら

明治維新から高度経済成長期までの間に生まれた文学作品を通して、東京の一〇〇年を追体験するアンソロジー。社会制度、文化、世相・風俗などの変遷が多彩に浮かび上がる。第一分冊には、北村透谷、樋口一葉、泉鏡花、正岡子規、国木田独歩らの作品を収録した。(全三冊)(WEBより)

2020.01.08 イベントに行こう  文学 東京