ハヤブサを盗んだ男 - 野鳥闇取引に隠されたドラマ

個数:1
紙書籍版価格
¥2,750
  • 電子書籍
  • ポイントキャンペーン

ハヤブサを盗んだ男 - 野鳥闇取引に隠されたドラマ

  • 著者名:ジョシュア・ハマー【著】/屋代通子【訳】
  • 価格 ¥2,420(本体¥2,200)
  • 紀伊國屋書店(2024/06発売)
  • 青い空!白い雲!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~7/15)
  • ポイント 660pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784314012065

ファイル: /

内容説明

これは実際に起きた犯罪の物語であり、壮大な冒険譚であり、最後のページまで息をつかせない――

イギリスはバーミンガムの空港で、稀少なハヤブサの卵を持ち出そうとした男が捕らえられる。取り調べを担当するは、絶滅危惧種の密輸撲滅を目指す英国野生生物犯罪部の捜査官。ひと筋縄ではいかない犯人との攻防を軸に、卵コレクターや鷹狩り愛好家、ハヤブサレースを楽しむ中東の富裕層の存在など、闇取引の背後にある世界と、各国の野生生物保護の取り組みが臨場感たっぷりに描かれる。

ジンバブエの国立公園からパタゴニアの火山まで、そして北極圏近くのツンドラ地帯からドバイの砂漠の豪華な鳥舎まで――

4大陸を股にかけ、〈完璧な鳥〉を我がものにしたいと願う無謀で傲慢で、破壊的な衝動にとらわれた男の足跡をたどった国際ジャーナリストによる、手に汗握る一冊

目次

プロローグ 
第1章 空港  
第2章 捜査官  
第3章 取り調べ 
第4章 鷹狩りの系譜 
第5章 ローデシア 
第6章 リヴァプール 
第7章 裁判 
第8章 コレクター 
第9章 アフリカ・エクストリーム 
第10章 ドバイ 
第11章 オペレーション・チリー 
第12章 逮捕 
第13章 英国野生生物犯罪部 
第14章 ロンダ渓谷 
第15章 刑務所 
第16章 パタゴニア
第17章  ハウテン
エピローグ