チョウごよみ365日 - 昆虫研究者が追いかけた四季折々の姿と営み

個数:1
紙書籍版価格
¥2,640
  • 電子書籍
  • 特価

チョウごよみ365日 - 昆虫研究者が追いかけた四季折々の姿と営み

  • 著者名:工藤誠也
  • 価格 ¥2,640(本体¥2,400)
  • 特価 ¥1,320(本体¥1,200)
  • 誠文堂新光社(2024/05発売)
  • ポイント 12pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784416623534

ファイル: /

内容説明

寝ても覚めてもチョウに夢虫(むちゅう) 可憐な飛翔を追い求めて今日もフィールドへ

花から花へと美しく舞うチョウは、私たちにとって身近な昆虫です。かつて、虫とり網で捕まえたり、羽化の様子に魅了されたりした人も少なくないでしょう。しかしながら現在、日本に土着している約240種のうち72種が環境省発表のレッドリストに記載。近年では、環境教育の観点から学校や家庭に「バタフライガーデン」を取り入れることで、昆虫と植物の共生関係を学ぶ機会も増えています。

キャベツ畑やシロツメクサなど、春夏を想起させるチョウですが、季節の移り変わりとともに翅の色や模様を変化させる仲間もいます。例えばサカハチチョウは、春型では鮮やかなオレンジ色が目立ちますが、夏型では黒を基調としたシックな色合いになるなど、異なる種であるようにも感じられます。また、寒冷になるほど青が深くなるヤマトシジミのような種もいれば、キタテハのように成虫のまま越冬する種もいます。そうした姿は、実際にフィールドへ出向かないと目にすることはありません。

本書では、昆虫写真家であり研究者でもある著者が、四季折々のフィールドで出会ったチョウを美しい写真と臨場感のある文章で紹介しています。同定に特化した図鑑こそ多く出版されていますが、この本ではフィールドで暮らすチョウをひたすら撮り歩く著者ならではの視点を日めくり感覚で楽しむことができます。主な舞台は青森県、長い冬には常夏の国へ飛びます。4月はじまり。

4月1日 冬から春へ(ヒメギフチョウ)
4月2日 寒の戻り(ルリタテハ)
4月3日 展望台(ヒオドシチョウ)
4月4日 つわもの(ヒオドシチョウ)
4月5日 ヤナギの花(ルリシジミ)
4月6日 越冬巣(イチモンジチョウ)
……など200種以上のチョウを掲載

目次

4月1日 冬から春へ(ヒメギフチョウ)
4月2日 寒の戻り(ルリタテハ)
4月3日 展望台(ヒオドシチョウ)
4月4日 つわもの(ヒオドシチョウ)
4月5日 ヤナギの花(ルリシジミ)
4月6日 越冬巣(イチモンジチョウ)
……など200種以上のチョウを掲載

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

149
チョウに特化した365日暦、蝶の季節、4月がスタートです。日によって、卵から華やかな成虫までかなり格差があります。私の誕生日は、地味なチビコムラサキでした(笑)🦋 https://www.seibundo-shinkosha.net/book/science/85779/2024/03/15

takao

3
ふむ2024/05/27

kaz

2
南国の蝶はやはりちょっと違う。図書館の内容紹介は『昆虫写真家であり研究者でもある著者が、四季折々のフィールドで出会ったチョウを美しい写真と臨場感のある文章で紹介。フィールドで暮らすチョウをひたすら撮り歩く著者ならではの視点を日めくり感覚で楽しめる』。 2024/05/27

神谷孝信

1
写真も記述も普通で、特に読む必要なし。22024/07/06

ムナグロ

1
写真も綺麗だし、著者の情熱を感じる。毎日毎日チョウを追いかけて、羨ましい。ヒメギフやヒメシロ、ゼフィルスなど憧れのチョウが、まるで目の前にいるような気になった。 ちなみに私の誕生日の写真はゼフィルスでした。2024/05/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21796776
  • ご注意事項